4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IF(いふ) ~もし全部夢だったら・・・(4)
 あっという間に暑い夏。僕は綾乃に子が生まれたら二条院に迎え入れることを決めたんだ。いつまでも妃が実家にいるわけにはいかないしね・・・。もちろん右大将殿も承知してくれて、準備を進めている。合わせて綾乃の出産準備も・・・。もちろん乳母も用意してあとは生まれるのを待つのみ。

ああもうすぐ生まれるなと緊張の毎日。綾乃のおなかもパンパンになって、苦しそうなんだもの。

そんなときに五条邸に内裏からの使いが・・・。

「宮様に申し上げます!東宮様突然の御危篤!今すぐ参内を!」
「え!兄上が?!今すぐ東宮御所へ参内する。」

最近兄上の体調が思わしくなかった。でもいつものことだからと油断していた。容態が急変して・・・。

僕は烏帽子を冠に変えた冠直衣で東宮御所へ向かう。車では間に合わない。僕は従者の馬を借りた。馬を走らせながら最悪のことを考える。兄上には子供がいない。どうなるんだ?

 御所に着くと皆勢ぞろいしていた。僕を待ち構えたように大臣たちが僕を取りかこむ。そして皆は座って頭を下げる。

「な、何?!」
「中務卿宮様、今すぐ立太子を・・・。」
「どうして僕が?兄上は?!」
「つい先ほど崩御されました。」

そうか間に合わなかったのか・・・。僕は継承順位第二位。そして間もなく子が生まれる。僕には、兄上と同腹の6歳の弟宮がいる。弟宮に譲ろうとしたが、有無を言わずに立太子の宣旨を受ける・・・もちろん正式な儀礼は兄上の喪が明けてからなんだけど・・・。

ごたごたしていると、五条邸から使いが来る。

「中務卿宮様に申し上げます。中務卿宮妃綾乃様、皇子をご出産!」

その言葉に一同は大喜び。僕は夢のように兄上の喪が明けたあと、立太子し、綾乃は東宮妃となった。もちろん生まれたばかりの皇子は次期東宮として育てられる。

 結局あの夢は正夢だった。すべてが正夢ではなかったけれど、僕が兄に代わって東宮となり、3年後、20歳になった年に僕は即位した。夢と違うところは僕は歴代の帝と違って、妃は皇后綾乃のみとし、綾乃との間には二人の皇子と三人の姫宮。東宮は夢と違っていい子だし、ほかの宮たちもいい子に育っている。

都も平穏無事。群臣たちも有能で、何事も無く時が過ぎていく。

 あの夢も波乱万丈で良かったけれど、何事も平穏無事の人生もいいんじゃないかな・・・。

もしこれも夢であっても・・・。

IF 【完】



挿絵を描かないまま終了。さて次は現代版「優しいキスは放課後に・・・」の続編をひとつ・・・。イラストをつけてアメブロから移動してきます。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。