4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい家族計画 (10)妊夫日記~妻の入院編

 昼食後の昼下がり、何で今年の国会は平穏なんだろう・・・。やはり自衛隊海外派遣がなくなったから?予算委員会類も平穏無事・・・。やはりうちの父さんのおかげかな・・・。今年の9月で任期切れっていうのが惜しいぐらいだよね・・・。

明るい 雅和居眠り
 僕は官邸の官房長官執務室前のデスクに座って、のんびり国会が終了するのを待つのだろう・・・。ここ2、3日は急な国会への呼び出しはない・・・。ああ、綾乃の愛妻弁当をおなかいっぱい食べて眠くなっちゃったな・・・。ここにいるのは僕だけだからちょっと寝ちゃおっかな・・・。



なんてデスクマットにはさんでいる愛しいわが子たちの超音波写真を眺めながらウトウトする・・・。こんな平穏な日が毎日続けばいいな・・・。


 昨日の検診では主治医が綾乃は順調って太鼓判を押してくれた。管理入院も当分なさそうだと・・・。2人とも逆子じゃないから、このままだったら僕はもちろん出産の立会いをするんだ。この前も両親学級も行ったし、立会い出産の講習会も予約済み・・・。僕のお子ちゃまたちも順調に同じように大きくなってきているしね・・・。


 この前はこっそり主治医の先生を呼び止めて、性別を聞いたんだ。もちろん綾乃に内緒で。そしたら予想通りだったんだよね・・・。僕には一度に息子と娘が出来るんだ。もちろん父さんには報告済み・・・。


ホント今日のような小春日和は眠気を誘う・・・。


すると僕の眠気を飛ばすような携帯電話の呼び出し音。相手は綾乃の携帯。


「もしもし綾乃?」


でもかかってきたのは綾乃じゃなかった。


『大変でございます!雅和様!若奥様が急に!早く病院のほうにおいでくださいませ!』


光子さんからかかってきたんだ・・・。僕は驚いて、議員会館にいるほかの私設秘書と連絡を取り代わってもらって、病院に急いだ。 光子さんはロビーでおどおどしながら僕の到着を待っていた。僕は急いで来たからか、首に身分証明書をぶら下げたままで、カバンも持たずに病院に着いた。


「若奥様がいきなりおなかが痛いといわれてお倒れになられたのです。裏の公園にいたからよかったのですが・・・。」


「で、綾乃の具合は?」


「早産は免れたそうですが、このまま管理入院に入られて、当分の間絶対安静と・・・。」


「昨日あれほど順調といわれたのに?」


僕は綾乃が入院している病室に入ると、綾乃は点滴されて眠っている。主治医の先生も首をかしげているんだ。まあ多胎妊娠はいろいろリスクがあるから、急変する事があるっておっしゃってたけど。とりあえず今は点滴で陣痛を抑えているらしい。


「まだお子様たち23週。まだ1000gありませんので、危ないところでした。今のところ薬で安定していますが、薬を最大限に使っても陣痛がはじまる場合は、帝王切開にて出産を検討しないといけないかもしれません。その場合、大学病院のほうへ・・・。」


「はい・・・。わかりました。」


僕は綾乃が目覚めるまで手を握り締め、溜め息をつく。


僕の妹のように生まれてすぐに死んでしまったら・・・。僕は母さんが父さんの選挙運動中の心労で予定日よりも2ヶ月早く生まれてきた。僕の場合は2000g超えていたので助かったが、妹は1000gちょっとしかなく、当時の医学では助からなかったんだよね・・・。それも僕の場合は何も障害がなくすくすくと育ったこと自体奇跡だった。だから早産の危険性は良く知っている。特にまだ綾乃は早すぎる。


そして任期満了による総選挙がこの7月末に控えている。そろそろ僕は官房長官の公設秘書として選挙準備に当たらなければならない。毎日こうしている事が出来ないのは残念だ・・・。 綾乃は目覚めるなり、僕にこういった。


「雅和さんの嘘つき!大嫌い!ここから出て行って!」


え?なんで?多分切迫早産で気が立っているんだろうか・・・。しょうがなく綾乃のいうとおり部屋を出た。


「弐條!嫁さん大丈夫か?」


和気さんが僕のカバンを持って見舞いに来てくれた。


「和気さん・・・今のところ落ち着きましたが・・・。切迫早産で、薬で陣痛を抑えているらしいのです。最悪の場合・・・。」


「だからリスクが高いって・・・。ま、今の医学だったら1000なくても生きる確率あるし、今安定しているのなら大丈夫じゃないかな・・・。ま、わからない事があれば聞いてくれよ。少しくらいなら知識があるから・・・。弐條、カバン忘れてただろ。」


「あ、ありがとうございます。」


「いいよ、総理すごく心配していたよ。今度週末にでも見舞いに来るって・・・。」


「そう・・・すみませんでした・・・。」


「いいよ。彩子ちゃんも心配していたよ。」


「そう、彩ちゃんが・・・。」


「気を落とすなよ。お前がしっかりしないといけないんだよ。父親だろ。」


本当に和気さんはいつも親身になってくれて助かる。今まで綾乃のためにあれがいいこれがいいといって僕に渡してくれるんだもん・・・。ホントに僕が今しっかりしないとね・・・。


 僕は綾乃が落ち着いたのを見計らって再び部屋に入って綾乃と会う。


「雅和さん・・・さっきはごめんなさい・・・。ひどいこと言っちゃった・・・。」


「ん?いいよ。綾乃は元気な赤ちゃんたちが生まれるようにゆっくりしてなよ。僕が出来るだけ側にいてあげるから・・・。」


「いつ家に帰れる?」


「生まれるまでこのままだって・・・。」


「そう・・・。寂しいな・・・。3ヶ月以上もこのままか・・・。」


「綾乃のおなかには赤ちゃんたちがいるじゃないか。ね、もうそろそろ僕も赤ちゃんを迎える準備をしておくからさ。名前もそろそろ決めよう。ね。」


「うん・・・。」


僕は面会時間ギリギリまで綾乃の側にいたんだ。綾乃は僕に何かいいたげな顔で、僕の顔を時折見つめてたけれど、溜め息をついて目を閉じる。


もう何日も仕事が終わるとすぐにこちらにやってきて一緒に過ごした。この日は見慣れない花が飾ってあった。


「あれ、誰か見舞いに来たの?」


「うん。田村さんが来たんだよ。秘書仲間なんでしょ。」


「田村さんが?」


明るい 田村
田村さんといえば、30歳ハーフのイケメン公設秘書。綾乃によると、面会時間すぐに来て、30分くらい話をして帰って行ったらしい。そういえば田村さんは3時ごろ官邸を出て行った。


「田村さんってかっこいい人ね。ハーフなんだって?」


「え?かっこいい?」


何で綾乃は楽しそうに話すんだろ・・・。もしかして?


「でも、雅和さんのほうがかっこいいよ。」


綾乃は微笑んで顔を赤らめる。


次の日もまた次の日も田村さんはやってきて何か話して帰るらしい。 今日はなぜか時間が一緒になった。


「田村さん、毎日綾乃のお見舞いありがとうございます。」


「いや。別に構わないよ。」


僕は田村さんを談話室に連れ込んでコーヒーをご馳走する。何で関係ないのに毎日見舞いに来るんだろう・・・。それを問いただすためにこうして2人きりになる。


「田村さん、毎日来ていただくのはありがたいのですが、どうしてですか?身内でもないのに・・・。」


「別に・・・・俺の家は元麻布。ホントにすぐそこだから。」


「でもおかしいですよ。わざわざ昼間に官邸を抜け出して・・・。」


「まあ、暇つぶしだよ。未来のファーストレディーにご挨拶しておくのもいいだろう。」


暇つぶしに訪れるほどのことかな・・・。もしかして以前問題になった丹波みたいなこと考えていないだろうな・・・。考えすぎかもしれないけれど・・・。まあ僕は丁寧にお礼を言って綾乃の部屋に戻る。まあそれ以来田村さんは来なかったけれど・・・。


入院中何事もなく、春。僕は慶應まで綾乃の卒業証書を受け取りに行った。大学のみんなは綾乃のことをすごく心配してくれていて、みんなでお見舞いに来てくれたんだ。それも卒業式の格好のまんまで。綾乃もすごく喜んで、涙ぐんでいたよ。ゼミの教授も来てくれて、ホント和やかな時間を過ごせたんだ。教授は綾乃の子供の名前を考えてやるっていってくれてね、僕はお願いすることにした。結構この教授はそういう方面にも精通している教授。きっといい名前をつけてくれるんだろう。一応性別を伝えておいたけどね・・・。


本当に綾乃は時折僕の顔を見ると溜め息をつく。


「綾乃、最近変だよ。何かいいたいことあったらいってごらんよ。」


「ん?いい・・・。」


「ほら、いってごらんよ。言いたい事いわないと、体の良くないよ・・・。」


「ホントにいい?」


「うん・・・。いってごらん。」


「あのね・・・。事故に遭った年の秋、土御門さんと会っていたんでしょ・・・。それもほぼ毎日・・・。あたしが大学行っているときに、部屋に入れて・・・。」


「え?」


「そうなんでしょ。本人から直接聞いたんだから・・・。」


「ん?んん・・・ごめんな・・・今まで黙ってて・・・。」


「まああの時はあたしのこと忘れてたからいいんだけど。」


それ以上何も言わなかったんだけど、まだ何かありそうだ。


「まだあるんじゃないの?いってごらんよ・・・。」


「あのね・・・それでね・・・土御門さんは妊娠したって・・・。捨てられたっていうの・・・。それであたし・・・急におなかが痛くなって・・・。」


え!!!そんなこと知らない!


もしかしてそれが原因の心労で切迫早産になったのか?


僕は家に帰ると桜ちゃんの携帯に電話をかけてみる。良かった、携帯番号変わっていなかった!


「本当なのか!」


『何が?』


「綾乃に言ったんだろ!僕らの関係のこと!」


『言ったわよ!だから何?!』


「妊娠したって本当なのか?!」


『なにいってんのよ。するわけないじゃない。からかっただけよ。幸せそうな顔しているから!』


「いい加減にしろ!君のせいで綾乃は・・・綾乃は入院してるんだぞ!僕の子供、死にかけたんだぞ!もちろん綾乃だって!いい加減にしろ!もう君とは会わないし、街で会っても声をかけるな!いいか!」


やっぱりもう許せない!僕はもう土御門家と縁を切るんだ!


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。