4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・クエスト (5) 北野彩夏の決意

 私は北野彩夏。今をときめくカリスマモデルといわれてるんだけど、これは本当の自分じゃない。事務所が決めたイメージってこと。私の本名は源彩子。お姉ちゃんは弐條雅和っていう新人代議士の奥さんをしている。パパは陸上自衛隊勤務で、この夏また昇進しちゃって、幕僚監部幕僚長という陸上自衛隊のトップになっちゃいました。これは陸上自衛隊のナンバー1(防衛省大臣は除く、いわゆる制服族ね)。最近孫が一気に三人も出来ちゃって、以前の厳格なパパじゃなくなったのよね・・・。だから彩子は芸能界にいられるってわけ。


 彩子にはちゃんとした恋人がいるの。お姉ちゃんの旦那様の同僚代議士、和気泰明さん。彩子よりも6歳年上だけど、真面目で、彩子のことだけ愛してくれるごく普通の人。この前の8月末に、彩子は仕事上のストレスで、和気さんを困らせてしまったんだけど、和気さんは反対に彩子を励ましてくれて、こうして9月以降も仕事をしているの。これからは少しずつでも北野彩夏を源彩子に変えていくつもり。そうじゃないと、体がもたないの。今は女優もしながら毎日を楽しく過ごしているところ。学業は優先にしないとパパに怒られちゃうから大学にもきちんと通っているよ。もちろん源彩子としてね。


 彩子と和気さんはいつも彩子の自宅で会うの。和気さんの家は赤坂の議員宿舎だから彩子から遊びに行けるわけないでしょ。だからパパのいない時を狙って会っていたりなんかしてる。まあパパに公認の仲だからこそこそする必要はないんだけど、やっぱり面と向かっていちゃいちゃはできないでしょ。だからパパがいない時。平日は今臨時国会中で和気さんはお仕事だから、会うのはもっぱら週末。でも彩子の仕事も入ったりするから会えない日が多いのも確かだけど。事務所の人は彩子と和気さんが付き合っていることは知っているけれど、仕事柄内緒。早く公にしたいんだけどな・・・。


「彩子、今度いつ会えるんかな・・・。」


「来週は撮影が入っているの・・・。だからごめんね・・。」


「ええよ、こうやって会えただけでも嬉しいんや。」

ドリーム 和気&彩子2
休みの日、彩子は和気さんに抱かれながら、ゆっくりしている事が多いかな・・・。和気さんも公の人になっちゃったからね・・・。デートって無理。2人で一日中いちゃいちゃしている事が一番の彩子のストレス発散。一番彩子に戻れる時なんだ。


「じゃ、彩子帰るよ。明日は早いんやった・・・。」


そういって和気さんは彩子にキスして身なりを整えると赤坂の議員宿舎に戻っていくの。決しておねえちゃんの旦那様のようにかっこいいことはいえないけど、包容力があって、すっごく優しいから大好き。


彩子は最近モデルからタレントに転向したの。最近グラビアも撮ることになって、彩子の載る雑誌を見て和気さんはやきもち焼くんだよ。そういうところがとても和気さんの可愛いところ。和気さんがとても彩子のこと愛してくれるから、彩子は綺麗なままでいられるんだと思う。彩子が和気さんとお付き合いしてからだもん。こうして注目されだしたのは。愛が女を綺麗にするってホントだね。今までいろんな男の子と付き合ったことあるけど、こんなに幸せな気分になった事がなかったのよね。うふふ・・・。


 みんな彩子のプライベートは知らないの。ただ発表してないんだもん。北野彩夏は今時の女の子のイメージで服装やヘアメイクをしているんだけど、本当の彩子は正反対なの。普段はホントに最低限のメイクしかしないし、服はオーソドックスなお嬢様スタイル。大学に行っても、だれも彩子が北野彩夏ということなんて知らない。知っているのは彩子のすごい親友の一部だけ。和気さんの家族もそう。彩子がタレントやっているなんて知らないよ。もし知ったら破談になっちゃうのかな・・・。お堅い家みたいだから・・・。


 もうそろそろ学園祭の季節。今年は初めて学祭めぐりをするの。トークショーがメインなんだけど、ファッション系の学校では彩子がモデルとして出演したりするよ。ああまた和気さんと会えない日が続くんだよね・・・。大学もあまりいけないしね・・・。


 さあ来週末阪大医学部の学祭「中之島祭」・・・。和気さんの弟さんが通っている阪大医学部。前日には前入りするから、大変よ・・・。打ち合わせもあるし・・・。一応和気さんには彩子のスケジュール渡してあるんだ・・・。いけたら来てねって・・・。


「え、来週大阪なん?奇遇やな。俺も来週金曜から月曜まで地元に帰るんや。後援会の親睦会があってな。阪大吹田キャンパスやろ、行ったるわあ。」


「ホント?」


「おう!俺も一応北野彩夏のファンやしな。もちろん一番彩子が好きやで。」


「もう!和気さんたら・・・。」


 やったあ、和気さんに会えるんだ・・・。事務所にはプライベートのことを話すなって言われているけど、彩子はうそが嫌いなの。彩子はきちんとみんなに本当の彩子を知ってもらいたいの。


「和気さんは彩子のこと好きなんでしょ。もし和気さんと彩子が付き合っている事が公になっても構わない?和気さんと北野彩夏が付き合っているって知られても大丈夫?」


「なにいってるん?俺は彩子が彩子らしくすることには反対はしないやん。別に不倫とかじゃないんやから、構わんよ。公になったも構わん。もし公になって、彩子が困ることになるんやったら、芸能界をさっぱりやめて、俺のとこに来たらええやん。がんばってアナウンサーになるんやろ。夢をおわなあかんで、な、彩子。」


 こういうところが和気さんのいいところ。いつも彩子のことを考えて、意見を言ってくれるの。はじめは勘違いして優柔不断だってけんかしたことあったんだけど、彩子の意見を一番に聞いてくれるその優しさが大好きなんだ。彩子は本当の彩子をみんなに見てもらいたいの。もしそれがだめなら芸能界なんて引退よ。未練はないんだから・・・。


「ところでこの写真はなんや?こういうポーズは俺の前だけにしてくれへん?」


ああ、男性雑誌の袋とじね・・・。あれは彩子も恥ずかしかった。際どい水着で・・・。いかにも挑発してるってやつ?やきもち焼いてる?


「彩子は和気さんだけのものだよ。」


和気さんは真っ赤な顔をして彩子を抱いてくれたの。


「そうやな。こうして彩子の体全部見る事が出来るのは俺だけや。」


そうよ。彩子の生まれたままの姿を見せるのは今は和気さんだけだよ。ああ恥ずかしい・・・。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。