4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・クエスト (17)初恋?

 和気さんの議員宿舎に転がり込んだ夜。彩子は夕飯の片づけを和気さんとして、和気さんとテレビを見ながらゆっくり過ごす。夜のニュース番組を見ながら、和気さんの体に身を預けて、彩子はウトウト・・・。今日は本当に疲れたんだもん。


朝早くから会見場に入って、記者会見用のCAの制服を着てヘアメイク・・・。復帰後初めての記者会見だから、うちの事務所はぴりぴり・・・。前もってプライベートのことはNGと報道陣には通達していたんだけど・・・。やはり記者会見後の質問の時間に彩子のことをいろいろ聞いてくるの。メインは彩子の就職活動のこと。もちろん内々定済み。なんとかしてどこの局か聞いてくるのよ。そして芸名で入社なのか?本名で?まあそういうのは会社が決めるんでしょ・・・。でも彩子は堂々と和気彩子としてやっていくつもりだから・・・。そして昨日イブだったから、何していたの?誰と居たの?なんて・・・。もちろん彩子は何も答えないままマネージャーに連れられて会見場を後にした。


あ!ブログ書かなきゃ!


「和気さん、パソコン借りていい?」


彩子は和気さんの執務室にあるパソコンを立ち上げて、毎日恒例のブログ更新。


『12月25日 昨日は誰と過ごしましたか?


 皆さんこんばんは。昨日はイブでしたね。私は大好きな身内の人と過ごしました。私が料理作ってね。そして大切な人から、欲しかったものをもらったの・・・。以前雑誌でみたものが欲しくって、探してもなくって・・・諦めてたの・・・。でもね大切な人からプレゼントしてもらったの。結構探したみたいだけど・・・。今日はクリスマス。

そうそう・・・記者会見はいかがでしたか?CA姿・・・いろいろな格好をしてきたけれど、一番のお気に入りだったの。

感想を聞かせてください。


北野彩夏  

追伸:今日、ばったり街で初恋の人に会っちゃいました^^;はじめは誰かと思ったりしたんだけど・・・。驚いた・・・。うふふ。        』


 そう、今日初恋の人と会見場の近くで会っちゃったの・・・。


でも初恋かな?はじめて付き合った人なんだけど・・・。なんとなくって感じで1年弱付き合ったって感じ?ホントに好きになった人って少ないよ・・・。あとのみんなはお友達の延長みたいな人ばっかりで・・・。


和気さんとはじめて会った時に違った感覚があって、ドキッとしたの。次の時会うまで和気さんの事が忘れられなくって、夜も眠れなかった・・・。ああこれが本当の恋なのかなって思ったのよ。


和気さんはなんだかんだ言って毎日北野彩夏のブログをこっそり見てるのよね・・・。たまにコメント入れてくれたりするんだよね・・・。ま、それが別居時の楽しみだったりするんだけど・・・。今日は彩子がパソコン占領してたからかな・・・和気さんはモバイルサイトでこっそり見てたのよ。結構恥ずかしがりやさんだから・・・。彩子の前で見たらいいのにね・・・。結構可愛い・・・。


和気さんはベッドのなかで彩子を抱きながら聞いてきた。


「初恋の人ってどんな人?」


やっぱり気になるんだね・・・。


「ん?内緒。彩子は和気さんが好きなんだもん。聞きたい?きっと和気さんヤキモチ焼くよ。」

「いいやん。俺は彩子の夫やから知っとく必要あるやん。かわりに言ったろか?俺の女性遍歴・・・。」

「別に聞きたくないよ・・・。でもねホントに好きになったのは和気さんだけだから・・・。」

「彩子、何人もの男にそう言ってんじゃないの?」

「もう!和気さんたら!」


和気さんと彩子はね、そのあとじゃれあってた。


私のはじめて付き合った人?彩子よりも二歳年上で、中学1年の春出会った人。中学の先輩でね、野球してた。うちの学校には野球部が無かったから、硬式野球のシニアリーグのあるチームに入っていてね、高校はスポーツ推薦で、高知の明徳義塾高校に行っちゃって、そのまま消滅って感じ?キスはしたけど、それ以上はない交際だった。もちろん彼はレギュラーで甲子園に何度もでてた。高校生ドラフトで阪神に入ったまでは知っているけど・・・。何で東京にいるかわからないんだよね・・・。会見会場は某ホテル。何かあったのかな・・・。和気さんは阪神ファンだから、その人のこと知ってたよ。

uesugi
「ああ、上杉ね・・・。あいつはトレードされたんや。ええ外野手やったけど、今阪神はええ選手多いからな。どこやったかな・・・西武?金銭トレードや。ホンマええ選手やった。トレードには惜しい選手やったけど・・・。」


そう上杉君に、携帯番号とアドレスをもらったのよ・・・。「まだ僕にもチャンスある?」って言ってたんだ・・・。


最初は???って感じだったけど、そういや彩子は結婚していることみんな知らないんだよね・・・。


ま、ほっておけばいいよね・・・。


次の日の朝、和気さんを送り出して、彩子は和気さんのお部屋を大掃除。たまった洗濯物も一気に洗った。そして合間に和気さんのパソコンを借りて、ブログの管理をするの。たくさんのコメント・・・。


(大切な人って誰?)

(初恋って誰?)


いろいろたくさんのコメント・・・。メッセージをチェックすると、上杉君から・・・。このメッセージは管理者以外は見れないのよね・・・。


『彩ちゃん、電話かかってくるのを待っていたんだよ。僕はずっと君とは別れていないと思っていたんだよ。別れの挨拶なんかしてないじゃないか・・・。君と会いたいんだ・・・。今まで大阪にいたからなかなか会えなかったけれど、僕は所沢にいるから、これからいつでも会えるよね・・・。未だに僕は君の事が好きなんだよ。決して君のことを忘れたことないんだから・・・。連絡待っているよ。  上杉祐哉』


やっぱりそういうことね・・・。これ、和気さんのパソコンだから返事は出せない。アドレスは代議士専用のアドレスだし・・・。フリーメールでもいいんだけど・・・。ヤフーのフリーメールを取得して、返事を出した。


『上杉君へ。ごめんなさい。私にはもう心に決めた好きな人がいるから、諦めてください。さようなら・・・。  源彩子』


もちろん上杉君は和気さんに比べたらかっこいいし、スタイルは抜群。年棒も和気さんより上なのは知っている。でも上杉君は少し薄情なところが合って、うんざりしてたから、上杉君の高校進学と同時に連絡を取らないことに決めたの。私は別れたつもりでいたんだけど、そうじゃなかったってことね・・・。もちろんフリーメールはすぐに解約。でもしつこい!


夕方パパから電話がかかってくる。中学の友人だって言うから、連絡先教えたって言うのよ。もちろんパパは上杉君と付き合っていたこと知っているからだろうけど・・・。何度も何度もかかってきて、しつこいから電話に出てはっきり言ったの。


「お願いだからいい加減にして。私は本当に好きな人がいるんだから。とても誠実で、真面目で、地位もあって、優しい人よ。もう私のことなんか忘れてよ・・・。」

『でもさ・・・。彩ちゃん。』

「わかってよ・・・今彼の家にいるんだから・・・。もうかけてこないで。切るね!」


それ以来かかってくることはなかったけれど、ホントに相変わらずしつこい人だった・・・。あああと何人こういう処理をしないといけないんだろう・・・。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。