4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまのきもち~ある競走馬物語 (5)パドック!!

僕はデビュー当日。ドキドキしながら馬運車に乗り込んだ。相変わらず一緒に乗り込んだ馬たちは俺のことを馬鹿にする。まあ馬鹿にされることは慣れてしまったんだけど・・・。


 さあ僕のデビュー戦。2R。厩務員さんは僕に母さんの形見のブリンカーつきの面子をつける。


ゼッケン番号7番。


ラッキー7だ。


うまくいくかな・・・。


ゼッケンと鞍をつけられ、そしてパドックへ・・・。


みんな僕のことを見ている。人も馬も・・・。


あ、オーナーのおっちゃん!じっと腕組みしながら僕のことを見ていたんだ。

「あれが3冠馬の息子か?白いぞ!」

って言う人・・・。


だから僕は母さん似なんだ・・・。


厩務員さんが、僕の鼻を撫でて言うんだ。

「がんばれよ。カミカゼ。きっとお前は勝てるよ。いつもどおりに走ればね・・・。」

(わかってるよ・・・。)

僕は鼻をブルルルって鳴らして厩務員さんに返事をした。


僕の軽い足運びを見てくれって言うように歩いてみせる。


そしてあごを引いて気合を見せてみる。


「カミカゼ、いい気合だねえ・・・。」


って厩務員さんが褒めてくれる。

ワキノカミカゼ&竹下悠
係員さんの掛け声で出てくる騎手たち。


騎手の竹下悠は僕にさっと乗った。そして首元をポンポンとたたく。


「がんばろうなカミカゼ・・・。いい気合だよ・・・。」


って竹下悠・・・。


僕はがんばる!


オーナーのおっちゃんのため、そして天国にいる母さんのために・・・・。





















スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。