4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまのきもち~ある競走馬物語 (9) 嗚呼!宝塚記念!!!

 何とか宝塚記念にエントリー完了ってことで、そのレースに向けて調教をがんばっているんだ。


初めてのGⅠさ・・・。


オーナーのおっちゃんは気合入っちゃってさ、休みになると僕の顔を見に来る。そして大好物の甘いニンジンを置いていってくれる。


相変わらず竹下悠はレース中以外はおかしい・・・。


溜め息ばっかり・・・。


この前の妹が優勝した桜花賞もオークスも竹下悠の初恋の人が来ていたもんだから、余計に溜め息だらけ・・・。


相手は結婚してるんだろ・・・。


そろそろ諦めろよって感じ・・・。


そしてレース当日のことなんだけど・・・。朝一番に僕の厩舎にやってきて僕を撫でてまた溜め息・・・。


「はあ・・・また彩ちゃんが来るんだ・・・。今日はオーナーさんと一緒なんだよねぇ・・・。旦那も来るのかなあ・・・。GⅠだしなあきっと来るだろうね・・・。」


来ても来なくったってもいいじゃないか・・・。


どうせ竹下悠の恋なんて叶うわけないよな・・・。


また溜め息をついて立ち去っていったんだ。


彩子うふふ
それと入れ替わりで、例の姉ちゃんが入ってくる。そして厩務員さんと何か話すと僕のところへ・・・。

「カミカゼ・・・久しぶりね・・・。今日は大丈夫そう?」

ぶるるる・・・。

姉ちゃんは僕をそっと撫でてくれる。ホントやさしい微笑で・・・。

「和気さんのお父さんのために今日はがんばるんだよ・・・。きっとカミカゼなら勝てるよ・・・。じゃあがんばってね・・・。」

って言って僕に大好物のニンジンをくれたんだ。

 そしてパドック!僕は緊張して固くなっていた。だってさあ、みんなGⅠホースばかりで・・・。僕なんかまだひよっこ・・・。厩務員さんが首元をそっとたたいてくれて、落ち着かせてくれる。


今日は厩務員さんいいカッコしている。


やはり宝塚記念だからだよね・・・。


もちろん厩務員さんもはじめての大きなレースだからね・・・。


緊張している。


あ、オーナーのおっちゃんだ・・・。


そして姉ちゃん。その隣がおっちゃんの息子か・・・。


姉ちゃんと仲良く話しているんだもんなあ・・・。


ホント姉ちゃんの嬉しそうな顔といったら・・・。


すると竹下悠が僕に乗ってパドックを回る。


竹下悠はじっと姉ちゃんのほうを見ているんだよね・・・。


溜め息ついて・・・。


ホントならパドックに入ると人が変わる竹下悠・・・・。


今日はなんか変だ・・・。


ずっと溜め息ついて気合いのかけらもない。


やばいぞこいつ・・・・。


僕は鼻を鳴らして竹下悠に気合を入れてみるんだけど、まったくだめ・・・。


上の空って感じで・・・。


ファンファーレを聴くときっと普段の竹下悠に戻るかと思ったんだけどさ、まったくその気配がないままゲートイン。


おい大丈夫か!!!竹下悠!!!


そう思っているときにゲートが開く。


しまった!!!出遅れた!!!


やっと出遅れたことに気づく竹下悠。


僕は随分遅れてのスタートになった。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。