4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきアナウンサー日記(仮) 第4章 新人アナウンサー日記 (5)新年初仕事ですよ!
あれ?

どうしてここにいるんだろう・・・・。

昨日同期の新年会があって・・・。きちんとコートやマフラー、そして靴がきちんと置いてあった。そして起きないといけない3時に目覚ましまで???



私は顔を洗って、デスクへ急ぎ、着替えの準備を・・・。するともう起きている柳生君・・・。彼は私の出る番組で寒稽古の中継があるという。もちろん経験ありの剣道の寒稽古。




「あれ?着替えないの?」
「俺はロケバスで着替えるからいいんだ。でも和気さん昨日相当酔っていたけど大丈夫?二日酔いってしないの?」
「ん?べつに・・・。じゃ、着替えてくるね・・・。」


私はある楽屋を借りて着物に着替える。そしてヘアメイクを・・・。なんとか1時間ですべて終わった・・・。綺麗に着付けられたか心配・・・。何度も何度も鏡とにらめっこしながら、なんとか納得・・・。時間もぴったり・・・。私はデスクに戻って、必要な荷物をとりに戻るとまだいる柳生君・・・。柳生君は私の着物姿を見て固まっている・・・。




「なんかへん?」
「え?すごく綺麗・・・。自分で着たの???」
「うん・・・。もう行かないといけないんじゃないの?」
「あ!急がないと!!!」


柳生君はいっぱい荷物を持ってロケバスが置いてある駐車場へ・・・。

私も・・・。

私のロケ地は東京丸の内・・・。

ビジネス街・・・。

丸ビル前でのロケなんだよね・・・。ロケ地に着くとまずロケバス内で最終の打ち合わせ・・・。台本と資料をもらい一気に集中して覚えてしまう。



今日は番組初めから出番がある・・・。もちろん新年のご挨拶。いたるところのロケ地からのご挨拶。私はヘッドマイクをつけての中継・・・。



さあ番組が始まる。まだ薄暗い東京丸の内・・・。ライトを当てられ、中継開始・・・。





「東京丸の内の和気さ~ん!」
「は~~い。あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!こちらは本日仕事始めの東京丸の内にやってきています!まだ早い時間ですので、まだ人影はありません。スタジオにお返しします!」


といって私は手を振る。

は~~~~~ひとまず天気予報まで一休み・・・。温かいお茶をもらってロケバスで一息つく・・・。

ここで私がロケをしているのを知ってかいつものようにカメラ小僧が集まりだす・・・。珍しいもんね私の着物姿・・・。



私はロケバスの中で、柳生君に寒稽古の様子を見る。はじめて見る柳生君の剣道着姿。結構かっこいいんだ・・・。さすがスポーツ担当アナだね・・・爽やかで・・・。女性ファンが多いわけだ・・・。子供たちと寒稽古している姿・・・。いつも職場と違う真剣な顔・・・。そして生き生きしてるのよね・・・。




 なんとかロケ終了・・・。いつものようにうまくいったかな・・・・。一週間ぶりみたいなものだし・・・。ロケのスタッフは満足げな顔でロケ撤収・・・。いつまで続くのかな朝の番組・・・。ふうって感じでロケバスに乗って会社に戻ってきたの・・・。戻ってきて即着替えたわよ・・・。きちんとたたんで、和装用のバックになおす。和装用の部屋メイクも普段のものに・・・。



はあ、今日のテレビ出演はひとまず終了・・・。あとは雑用のみ・・・。デスクに戻ってホワイトボードの私の名前のところをロケからアナウンス部表示に変えておく・・・。



椅子に座って一息つくと、私の前にコーヒーが・・・。そして下のコンビにかな?ドンと朝ごはん・・・。てっきり紗希ちゃんだと思ったんだけど、柳生君だった。

「お疲れ。朝飯まだだろ。よかったら食え。」




そして私の隣の柳生君の椅子に座って私を見て微笑むの。


「ありがとう・・・どうしたの?いつもの柳生君じゃないじゃん・・・。超やさしい・・・。」
「俺は優しい男だよホントは・・・。和気さんは俺のこと変な男だと思っているようだけどさ・・・。あ~~~あ和気さんの着物姿もうちょっと見たかったな・・・。」




そして一緒に朝ごはん・・・。



結構私たちのロケは好評だったよう・・・。



部長さんに褒められちゃいました・・・。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。