4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきアナウンサー日記(仮) 第6章 後輩! (4)風間美和の復讐!
 何で私がテレビ局じゃなくってラジオなのよ!!!

信じらんない!!!

何のためにパパに頼んで少し有利にしてもらったんだか!!!

きっとあのひとつ先輩の元タレント和気彩子もズルして入ったのに違いない!!!

だって超売れっ子タレントの上に、旦那が国会議員でしょ!!!きっと難なく入ったはずよ!!!

きっと私がラジオ局に飛ばされたんだって、和気彩子の差し金よ!!!

絶対復讐してやるんだから・・・。何がいいかしらね・・・。


 私はいろいろ考えたの。やはりあれしかないって!

和気先輩の大事なものをとっちゃうんだから・・・。

大事なものってわかるでしょ?

そう旦那の和気泰明代議士・・・。

ちょっと私の趣味には合わないけれど、与党内でおしどり夫婦として有名な二人を引き裂いてやるんだから!!!

見てなさいよ和気彩子!


 私は行動にでたの!うふふ・・・。


「ねぇ、パパ・・・。今度党の決起大会行ってもいい???」


もちろんうちのパパは一人娘の私に超甘いのよね・・・。これからの勉強のために行きたいって言ったら、もちろんいいよって・・・。うちのパパは今度4期目当選を目指す代議士・・・。何も官職がない代議士だけど、地道に活動しているのは確か・・・。



うちのパパ、第1期目当選で内閣総理大臣補佐官に抜擢された和気代議士を良く思っていないのは確かよ・・・。でもバックに有力幹部議員の文科省大臣平氏がついているからって親子ほど下なのにへこへこしてる。



そういうこともあったし、何もかも上手くいっている女子アナ和気彩子のことを私はよく思っていないわけ。


 決起党大会当日。私は友達以上恋人未満のカメラマン志望の男の子に言って決起大会会場前に待たせたの。


「いい?私とある男が出て来たら何でもいいから写真を撮るのよ!!!わかった???うまくいかないともうつきあってやんないからね!!!」
「わかったよ・・・。撮ればいいんだろ?」
「もちろん、はっきりきれいに撮るのよ!!!上手くいったらちゃんと御礼はするから!」


これで準備万端かどうかはわからないけれど、きっと私は和気代議士を誘い出して一緒にいるところを撮らせるんだから!!!


 ついに始まった総選挙の決起集会!いろいろお偉いさんの長いウザイ話が終わったあと、乾杯!乾杯の音頭は和気代議士・・・。すごい優遇・・・。乾杯のあと、立食形式の食事が振舞われて、選挙に関連する参加者はワイワイガヤガヤと話している。



ああつまんない・・・。

終盤になってチャンス到来!!!

和気代議士が私のパパに挨拶にやってきたの・・・。

どう聞いても社交辞令ばかりの内容・・・。まあ派閥が違うわけだから・・・。


「風間さん、そちらは?」
「娘の美和です。この春からラジオ局のアナウンサーをしています。確か和気君の奥さんもアナウンサーでしたよね・・・。」
「はい、FTVの女子アナ2年目でして・・・。」


すごい照れ方・・・。相当お熱って感じかしら?

すると携帯のベルが鳴るの。


「あ、失礼します・・・。」


メール・・・。


「あ、もうこんな時間・・・。申し訳ありません・・・ちょっと私的な事情でもう退席を・・・。」
「そう・・・。もう帰るのかね?」
「ええ・・・。では失礼します・・・。」


和気代議士は頭を下げて急いで会場をあとのするのよ・・・。私も行かなきゃ!


「パパ、私急用ができたから帰るね!!!ありがとうパパ!!!」


私はパパにハグ・・・。

ハグをするとパパはもう満足って感じで手を振って見送ってくれたの。



早く急がないと!!!

上手くいくかな・・・。


会場の玄関を出て、和気代議士は永田町の駅を目指している。

やっぱり思ったとおり・・・。



あまりタクシーを利用しない、もっぱら地下鉄ってリサーチは本当だった・・・。



私は予定通りの場所で声をかける。

「和気さん!」
「へ?」


和気代議士は振り返る。



あれ?

何でメガネを取ってるんだろう・・・。



メガネを取った和気代議士の顔、結構思ったよりもいい男かも?



私は振り返った和気代議士の胸に飛び込む。

突然の私の行動に、驚いたみたいで・・・。

固まっている代議士・・・。


「私実は和気さんのファンなんです!!!」


なんていって和気代議士の頬にキス!!!ちゃんと撮れた????


「何するんですか!と、突然!!」


動揺しながら私を引き離す。


「私和気さんが好きなんです!」
「お断りします・・・。私には妻がいますし、妻以外は興味がないから・・・失礼!」


そういうと真っ赤な顔をして永田町のほうへ走っていった。



ふうん・・・なんてかわいい表情をするんだろ・・・。

今までの男にこんなやついなかったわ。

ちょっと興味あるわこの男・・・。

和気彩子は趣味悪いって思ってたけど、なんかわかるような気がするかも?

母性本能をくすぐるっていうか・・・。



さ、後はばっちり撮れているかが問題よ・・・。


で、カメラマンに詰め寄ってみたら・・・・。綺麗に撮れてないじゃん!!!これじゃ和気代議士か判別できない!!!何のために好きでもない男と・・・・。



ああ、ついてない!!!

今回の計画は失敗!!!



もちろんこのカメラマンとの関係はバイバイってことで・・・。

今度こそぎゃふんって言わせてやる!!!!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。