4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきアナウンサー日記(仮) 第9章 夫婦の問題 (1)選挙の後の約束
 和気さんは総選挙で大勝した。近畿地方でも早めにね・・・。全国の若手では一番の当選だった。本当にお互い驚いちゃった・・・。




 私は仕事があるから選挙の次の日に朝一番の飛行機に乗って東京に戻ってきたの。そして朝の番組はお休みしたけれど、羽田から直で空港リムジンに乗って何とか定時に出勤完了!!!なんと朝お休みした代わりにお昼のニュースを押し付けられたのは言うまでもない。みんなはすごく和気さんの当選を喜んでくれたのよ。これでもう1期4年、解散がない限り代議士でいられる和気さん。私もアナウンサーと代議士の妻という二足のわらじを履かなければならないのよね・・・。

 もちろんお昼のニュースは昨日の選挙の話ばかり。結果は与党の大勝で、議席数はまあ現状維持だったみたい。



変な話よね・・・。



昨日まで私は候補者の妻として画面の向こう側にいたのに、今はマスコミの側から昨日の選挙の結果を読み上げている。まあ和気さんの場合有名代議士だけど若手だから全国版には映らなかったけれど・・・。



あとから聞いた話、近畿の系列局版には和気さんと共に私まで映っていたというから、視聴者から観ると変な話かも?



そうそう、私のお姉ちゃんの旦那様、弐條雅和代議士も東京比例区で当選してたね・・・。来期はお父様の後を継いで地元の兵庫県芦屋から出るんだろうか・・・。




 選挙から3日後、地元の片づけを終えて和気さんはにんまり顔で帰ってきた。そして選挙の後は臨時国会があるんだよね・・・。和気さんは帰ってきた日の晩、私にこういったの。




「選挙の次の日さ、首相にまた補佐官をしないかって言われたんだ・・・。」


首相といえば私の母方の伯父様・・・。すごく和気さんを信頼していて、和気さんの将来に太鼓判を押している人物・・・。




「で?」
「辞退させていただいたんだよ・・・。弐條に任せることにしたんだ。地元のことも大事だし、そして彩子と約束した家族の件もあるしね・・・。補佐官をしていたら、なかなか都合がつかないことがあるし・・・。だから俺は普通の代議士でいいといったんだ。」




そう、選挙に当選したら、家族計画をしようって約束したもんね・・・。

私達が結婚して4年目だもの・・・。



お互いに簡単に子供が出来る体じゃないから、作りましょう、はい出来ましたってことはない。

きちんと病院に通っていろいろ大変な治療をしないといけない。

もちろんどちらが欠けてもいけないんだもの・・・。



運よく和気さんのお姉さまがその筋で有名なお医者様だから、私は今まで通っていた病院を辞めて、和気さんのお姉さまに任せることにしたの。もちろんお姉さまは快く引き受けてくださって、一緒にがんばりましょうって・・・。




今度の日曜日、お姉さまはわざわざ私たち夫婦のために診察室を開けてくださって本格的に検査することになったの。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。