4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきアナウンサー日記(仮) 第9章 夫婦の問題 (3)不仲説が流れる~過去の発覚
最近和気さんとつまらないことで口喧嘩が絶えないんだよね・・・。



何かにつけ和気さんは「俺は能無しだから」といってくる。
毎週の治療も疎かになって・・・。
私だっていろいろ情報を集めて食事に気を使ったりしているのに・・・。



それが表に出ているのかな?ある雑誌に私達の不仲説が書かれる。そして離婚秒読みとまで・・・。もちろん心配して和気さんのお父様、お母様から電話があったり、様々な関係者からいろいろ聞かれる。もちろんいくらよく口喧嘩をしているっていっても離婚する気はないよ・・・。



「ねぇ、和気さん。本会議が終わったら旅行しよっか・・・。海外でもパーッといって。気分転換しよ!」
「いい・・・二階堂と行けばいいよ・・・。」
「どうして和気さんの秘書の名前が出てくるの?関係ないじゃない!この前だって!」
「何?この前って・・・。」
「に、二階堂さんに言ったんでしょ!私と関係を持てって・・・。」
「ああ、それね・・・。本心から言ったんだ・・・。知ってるよ彩子の4番目の彼・・・。二階堂なんだろ・・・。俺は知らないで二階堂を雇ってた・・・馬鹿だな俺って・・・。まだ好きなんだろ?二階堂のこと・・・。二階堂だって彩子のこと好きなの知ってるし・・・。」

和気さんはいろいろ話し出した。



選挙運動中に仲良く話している私と二階堂さんを見つけていろいろ探っていたらしいの・・・。

そして極めつけはこっそり見た二階堂さんのノートパソコン。

いろいろいじってたら、私の高校時代の写真が大量に出てきて・・・。

もちろん二階堂さんと仲良く写っている写真まで・・・。




「二階堂と彩子の子なら、俺、自分の子として育てられるかなって思ったんだ・・・。だから俺は・・・。」
「なんて事いうの!!!ホントにいいの?和気さんらしくないよ!そんな和気さん嫌いだよ!もういい!和気さんの子供なんていらないから!!!」
「彩子!どこ行くんだ?!」
「紗希ちゃんとこ。それとも・・・柳生君のところがいい?」




初めて和気さんは私の頬をたたいたの・・・。

それも泣きながら・・・。

その後ぎゅっと抱きしめてくれて・・・ごめんごめんって・・・。




「俺、どうにかしてたよ・・・。辛いのは彩子も一緒だもんな・・・。」
「和気さん・・・。」
「彩子の言うとおり、本会議終わったらちょっと遅い新婚旅行に行こう。な、環境が変わったらもしかしてってことがあるかもしれないしな。」




そういって和気さんは私の頭を撫でながらキスしてくれた・・・。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。