4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきアナウンサー日記(仮) 第10章 アナウンサー日記2 (4)幸せそうな紗希ちゃん
 紗希ちゃんの結婚式まであとひとつきって頃、いきなり紗希ちゃんから呼び出されたのよね・・・。私だけじゃない、柳生君まで・・・。


「お願い!司会してくれないかな。きっと2人が司会してくれると場が盛り上がると思うのよ・・・。」
「頼みに来るんなら旦那と一緒に来るのが筋じゃねえか?忙しいのに呼び出しやがって・・・。」
「柳生君の意地悪。今上杉さんあっちにいるでしょ。で、してくれるの?」
「しょうがねえな、同期の好でしてやるか・・・。なあ和気さん。」
「別にいいけどね・・・。でもちゃんと部長に言っておいてくれる?」




まあ半強制的に司会・・・。

私は初めてじゃないけど、柳生君はこういうのははじめてみたいね・・・。

司会業って研修以来で・・・。

柳生君ったらぶーぶー言ってたわよ・・・。すごく忙しいのにって・・・。



結局結婚式の1週間前に最終打ち合わせ。もちろんこういう司会には雛形っていうのがあって、それにいろいろ打ち合わせしたものをはめていくわけで・・・。紗希ちゃんにいろいろ聞いてまとめておいて・・・。この最終打ち合わせの時にこういうのでいいですかって、新郎新婦に聞くの。



もちろん今回は上杉君も一緒・・・。

上杉君の初恋の人って私らしいし・・・。

私のはじめて付き合った人で・・・。

初キスの人・・・。



もちろんこのことは紗希ちゃんも柳生君も知らないんだと思う・・・。

一度私の初恋の人について情報が流れたことがあったけれど、はっきり名前とか出なかったし・・・。



打ち合わせ中の2人は本当に幸せそうで・・・。

でも時折気のせいだか知らないけれど、上杉君が私を見つめたり・・・。

なんとかドキドキのうちに打ち合わせ終了・・・。




「さすが有名人同士の結婚だよな・・・。300人だぜ!!!信じられねー。」
「そうだね・・・。上杉さんのお父様も元プロ野球選手だし・・・。今だって球団関係の仕事してるしね・・・。」
「結構詳しいじゃん・・・。」
「だって彼は私の中学時代の友人のお兄ちゃんだもん。」
「ふうんそうなんだ・・・。ほんと世間って狭いね・・・。」


なんて二人で苦笑しながら局に帰ったのよね・・・。私の初めての元彼で、初キスの相手だなんていうことないし・・・。




 そして結婚式当日。ホテルの庭にあるチャペルで挙式。そして恒例のフラワーブーケトス!私は既婚だから参加はしなかったけれど、なんと美貴ちゃんが受け取ったのよね・・・。



彼氏の「か」もない美貴ちゃんがよ。まだ結婚していない先輩なんて悔しがってたわ。



そして始まった披露宴。私と柳生君で司会。

さすがこれから大リーグに行く選手だね・・・。

日本球界はもちろん。アメリカからのお客様も・・・。

みんながうらやむような美男美女の新郎新婦。

ほんと和やかな雰囲気で過ぎて行ったのよね・・・。



やはりマスコミ関係も多くって、披露宴のあと記者会見されてたわよ・・・。

でもなんで私が記者会見の司会までしないといけないわけ?

もうって感じでなんとか幸せそうな2人の姿を見ながら司会をしてたのよね・・・。


 帰り道、美貴ちゃんや柳生君と一緒に帰ったの。手にはいっぱいの引き出物を持って・・・。そして途中見つけたカフェに入る。




「いい結婚式だったわね~~~~。」
「そう?美貴ちゃんは出席してるだけだったしね。いい男でも見つかった?結構多かったわね、プロ野球選手・・・。」
「全然・・・。あまり私はああいうのには興味ないから・・・。で、聞いた?彩子、紗希ちゃんのこと?」
「やめろ、安達。その話は和気さんの前でよせ・・・。」


美貴ちゃんはちょっとやばそうな顔で私を見るの。




「何?はっきり言ってよ。気になるじゃん。」


柳生君と美貴ちゃんは苦笑して言うの・・・。




「紗希ちゃんのほんとの結婚理由なんだけど・・・。出来ちゃった結婚なのよね・・・。」


え~~~~~。




「ほんとは今年のシーズンオフの予定だったのよね・・・。でも急にバタバタって決まったでしょ・・・。それは結納直前に紗希ちゃんの妊娠が発覚しちゃって・・・。急遽会場を押さえたって話よ・・・。8月だったかな・・・予定日・・・。」
「ごめんな黙ってて・・・。」
「いいよ別に・・・いいことじゃない。そっか紗希ちゃんママになるんだ。だからとっても幸せそうな顔してたんだね・・・。いいな・・・。」


そっかそっか・・・だから急にね・・・。

なんかおかしいと思ったんだ・・・。

でも幸せそうでよかったね・・・。

私よりも早くママになるんだもん・・・。

うらやましいな・・・でも複雑・・・。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。