4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神降臨 第2章 降臨 総集編 1
 すくすくと育っている東宮龍哉。もう5歳となった。笑みの絶えないその表情は帝をはじめ内裏中を和ませる。しかし時折見せる獣のような表情。それに気づいたのはやはり母。

「半龍半人の龍哉・・・。この子の未来はどうなってしまうのだろう・・・。」

と龍哉の母は嘆く。

 時折現れる龍王の使い。龍哉の寝顔を見ると何かを言い残して消えていく。それが何なのかは、龍の言葉であったので理解できなかった。そして龍王の使いに渡されるひとつの勾玉。龍哉の首にかけまた消えていく。気になった母は陰陽頭に真意を相談する。

「姫宮様。東宮の力に相当なものを感じます。東宮の力、封印したほうがよいかもしれません・・・。まだ東宮は幼子・・・。力の加減が出来ない恐れがございます。爆発的な力が出てしまった場合、この都は無事ではないでしょう。」

母は承諾し、龍哉の力を封印する。

陰陽頭は紙に何かを書くと、龍哉の胸元に置く。そして呪文を・・・。

「封・・・。」

しかし封印の呪文は破られ、龍哉の胸元に置かれた封印呪文の紙は宙に浮き、燃えてしまう。そして龍哉の胸元に掛けられた青い勾玉が青白く光る。

「どうして封印できないのだ・・・。」

後ろに忍び寄る気配。

『龍哉の力、封印は許さん・・・。』

声の主は龍王龍希。

龍王は眠っている龍哉を抱きしめ、続けていう。


『龍哉の力を封印すれば、四神は集まらぬ・・・。龍哉は四神降臨の鍵となる。そして・・・最後の五神目・・・。黄龍を復活させなければ、乱れは収まらない・・・。あなた方が立ち向かう敵は、黄龍なくては倒せまい・・・。この青龍最強の力を持つ私であっても・・・。その敵がどのようなものであるのか、そしてどのような力があるのか・・・。想像不可能な敵・・・。』

龍哉の母は龍王に近づく。龍王は微笑み、龍哉を龍哉の母に返す。

『姫宮。よい子を産んでくれたね。この龍哉は私にとっても大事な子。この龍哉の力は私以上・・・。この子なくして青龍の繁栄はない。それどころか消滅しまうかもしれない。ですから姫宮、龍哉が覚醒するまで、頼みましたよ・・・。龍哉には守護龍をつけておこうと思う。きっと何か助けにはなると思うが・・・。』

そういうと龍王は龍哉の母の頬に手を延ばし、名残惜しそうな顔をして光と共に消えていくのである。

  龍哉に守護龍がつけられた。

どんな龍かと思えば童子姿の小さな子。

龍哉と変わらないような背格好。

皆は目を疑った。

このようなかわいらしい童子姿のものに何が出来ようか・・・。

「もしかして俺のこと疑っていない?俺の名は守護龍・小龍。れっきとした守護龍族の一員さ。でもまだ一人前じゃないけどね。でも守護龍たるもの、ご主人様を守るのは当たり前!俺はきっと主、龍哉様をお守りするんだ!下級物の怪ぐらいならなんとかなるよ。だから任せてよ!ま、普段は龍哉様の子守でも遊び相手でも何でもする。よろしく!」

そういうとちょこんと座って無邪気は表情で笑うのである。

「小龍といったわね・・・。もう夜は遅いわ・・・眠ったらどう?」

「とんでもない!守護龍はなんどきとも主人の側を離れません!眠らなくても大丈夫な一族なのです!ですから、俺は龍哉様の側にずっとついていますから。」

本当に無邪気な顔で笑う小龍を見て、龍哉の母は微笑み、龍哉の部屋を後にしたのである。

 もちろんこの時から守護龍・小龍は龍哉の側をなんどきとも離れず、龍哉の覚醒するその時まで、守護する者として仕えていく事になるのである。

「小龍という言い方はいいにくいわね。何かいい名前はないかしら・・・。宮中で生活するとなると、龍の身分を隠さなければなりませんからね・・・。」

と龍哉の母が言う。

「俺は主人である龍哉様に決めて欲しい。それが慣例だからね。「小龍」って名は仮の名だから・・・。」

この小さき守護龍はじっと眠っている龍哉の側に座り、眠っている龍哉の顔を眺めている。いつの間にか朝が訪れ、龍哉は目覚める。側にいる年格好が似ている童子を見て、飛び起きる。

「ねぇ、母様。この子は誰?」

母宮は龍哉に優しく微笑みながら言う。

「龍哉の父君様がおつかわしになった友ですよ・・・。仲良くなさいね・・・。」

「うん・・・。名前は?」

「龍哉がお付けなさい。」

龍哉は悩みながらもこの童子に名前を付ける。

「龍磨。」

そういうと龍哉は笑いながら龍磨を見つめた。

「東宮様、お目覚めでございますか?主上がこちらに・・・。」

「お爺様が?」

帝がたくさんの供の者を連れて東宮御所の龍哉の御在所にやってきたのである。そして龍哉の元気そうな表情を見て微笑んだ。帝は童子に気付きいう。

「おや、見慣れない子がいるね?姫宮、誰かな?」

「お父様、龍哉の遊び相手に呼び寄せた龍磨でございます。」

「うむ・・・。よさそうな子だね・・・。」

龍磨はむくれた顔をして言う。

「このおっさん誰?」

母宮は焦って龍磨に言う。

「龍磨、なんて恐れ多いことを・・・。この方は龍哉の祖父宮。そして帝であられますよ。」

「そんなの関係ないや。俺はさ、龍哉様のみ主人だ。帝であろうと神であろうと関係ない。俺は龍哉様とともに生きるんだから・・・。で、おっさんはいくつだ?」

帝は意外な言動をする龍磨に興味を示す。

「ほう面白い童子だ・・・。気に入った。私は四十八歳だ。」

「なあんだ俺より年下かあ・・・。俺は六十三だよ。」

「六十三????そのようには見えないが・・・。」

「龍族は人間よりも十倍遅く時が流れる。龍王は三百歳。ということは人間で言えば三十歳かな・・・。まあ、龍哉様は半龍半人だから、ちょっと成長の仕方は違うと思うけどね・・・。龍族でも前代未聞だよ。ホントに・・・。」

本当に無邪気な表情で帝と会話する龍磨。

周りの者たちはハラハラしながら、龍磨の言動を気にしたのである。

 あと一神の予言のみが式神により書き出されないまま、さらに年月が経つ。
龍哉は十五歳となり、元服を迎える。

戦国の世ではある武将が全国統一間近・・・。

相変わらず側に控える守護龍龍磨。

龍磨も元服を迎え、帝より東宮侍従の位を授かる。人間界にいる龍磨は成長が早い。もう青年の姿になっている。やはり龍の世界と人間の世界では時の流れが違うようだ。

この年月の間に、龍哉はこの龍磨に助けられ、そして龍哉は自分の力を感じることが出来るようになってきたが、完全な覚醒はしていない。

そして未だに混乱し続ける国・・・。

 あと一神・・・。

朱雀についての予言がない・・・。

玄武の予言以来まったくというほど四神に関しての予言が無いのである。

予言を疑いだした帝・・・。

帝は陰陽頭安倍を呼び出し、問い詰める。

「国はますます荒れてきている。数年前の延暦寺の焼き討ち・・・。あの焼き討ちでどれほどのものたちが死んでしまったか・・・。このままではこの国は・・・。どうなってしまうのだろう・・・。」

安倍は黙ったまま平伏したままである。

あと一神・・・朱雀はどうなっているのか・・・。

もしかしたらもうすでに朱雀がいるのかもしれない。

どこにいる。朱雀よ!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。