4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢~防大編 第1章 防衛大学校 (3)恥ずかしい防衛大学校の入校式

 いよいよ防大の入校式・・・。


何とか父さんは休みが取れて、横須賀にやってきた。

陸自礼装
相変わらず父さんは制服で出席だ・・・。


今回は礼装・・・。まあ、誇りある自衛官だし、中部方面隊のナンバー2の幕僚長。


陸将補だから、礼装に白手袋。そして制帽もいつものよりも少し飾りがつく・・・。


目立ってしょうがない・・・。


「親父、制服はやめろって言ったのにさ・・・。」

「何言うんだ。ここは父さんの母校であるし、元上官もいるんだ。首相の弐條君も、防衛大臣もこられる。中部方面総監と相談した上で礼装と決めたんだから・・・。」


やはりじろじろ見られる・・・。


目立ってしょうがない・・・。


男ばかりだと思ったんだけど、数人の女子学生・・・。


俺は首席合格だったから、新入生代表の言葉がある。


父さんも爺ちゃんもみんな首席合格首席卒業なんだから。


「ここの校長は父さんの元上官なんだよ。若い頃お世話になってね・・・。」

ふうん・・・。


防衛学教官にもちらほら知っている顔もいるという・・・。


まあ、父さんは結構有名人だもんな・・・。


 なんとか入校式を終え、父さんと別れる。父さんは校長と楽しげに話していたんだ。うちの息子をよろしくってね。


もちろん校長も首席合格の俺が父さんの息子だと知って驚いていたけどさ・・・。


さあ明日からは初めての規律正しい全寮生活が始まるんだ。ついていけるか心配だけど・・・。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。