4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢~防大編 最終章 (2)夢への第一歩

 そして運命の航大入試・・・。1次の筆記、2次の身体検査はなんとかクリアして、3次の面接とシュミレーター試験。試験官の指示通りに出来たと思うんだけどな・・・。


2月運命の発表!!!結果は合格!!!入校は第1期6月・・・。


本校は宮崎県になる。宮崎空港横。早く入校したくて希望を出したら何とか許可が出た。


俺は3月末付で、防大中退願いを出した。もちろん教官たちは成績トップ、学生隊大隊長候補の俺を引きとめようとしたんだけど、俺はもう航大に行く事に決めたんだ。もちろんこのまま防大に残れば、父さんのような幹部自衛官になれたんだろうけれど・・・。俺は友人に見送られながら、防大を出た。夢がかなったら連絡を取り合おうと約束もしたんだ。父さんはわざわざ休みを取って、俺を迎えに来てくれた。

孝博
そしてそのまま総理公邸へ・・・。丁度休みだった雅もわざわざ公邸に来ていた。叔父さんたちは温かく俺を受け入れてくれる。もちろん航大を受けると報告した時は驚いていたね・・・。そして受かったって言ったらホント自分の息子のように喜んでくれて・・・。

「孝博、よかったね。これで私たちの夢の第一歩を歩んだわけだね・・・。待ってるね私・・・。何年でも・・・。孝博が、見事副操縦士になったら、結婚しようね。早くてもあと4年か・・・。絶対私と同じ会社に入って、一緒に仕事したいよね・・・。待てるかな・・・28まで・・・。」

「でももともと10年待って欲しいって言ったんだから・・・。俺一生懸命がんばるからさ、そしてきっと雅と同じ会社に入るから・・・。」

俺たちは初めて夜を共にした日、約束したんだ。俺たちの夢は一緒に仕事をして、一緒に家庭を持とうって・・・。これからがその第一歩なんだ・・・。




(完)








スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。