4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢~航空会社編  (12)転勤準備
 俺は試験の次の日休みを取った。

早速昨日父さんに電話をして大阪転勤を知らせた。別に社宅でもいいんだけど、実は実家のほうが近かったりするんだよね。実家から車で10分圏内・・・。最近父さんは車を乗らないから、俺が使わせてもらって、通勤する事になったんだ・・・。

俺は独身寮に戻って荷物の整理。5月1日付での転勤。
ゴールデンウイーク中の無茶苦茶忙しい時だ。
転勤まであと5日・・・。
たまり溜まった有給をもらって休みを取り引越し準備。もちろん父さんも爺ちゃんも俺が大阪に転勤が決まって喜んでいる。いつまでこっちにいるかわからないけれど、雅と結婚するまではこちらでお世話になることになった。

6月中旬の結婚。もちろん東京で。移動費用は俺がパイロットだから実は無料・・・。家族みんな。閑散期だから難なく移動できそうだ。もともと独身寮の荷物は少ないから、宅配便の単身赴任パックで十分。即俺の実家に送っておいた。

俺の住む予定の場所近辺は総理大臣である和気泰明叔父さんの選挙区・・・。俺は叔父さんにアポを取って、公邸に訪れていい物件は無いか、どのへんがいいのかを聞くことにしたんだ。ファーストレディーになった彩子叔母さんは、テレビ局を退社してフリーアナウンサーという立場になった。その叔母さんが公邸に訪れた俺をやさしく迎えてくれた。叔父さん叔母さんの息子泰孝はもう10歳になったんだね。叔母さんと叔父さんのいいところばかりとって落ち着いたいい子に育っているんだ。叔父さんは親身になって俺の新居を地元の秘書に探してくれるって言ってくれたんだ。ホントに助かる。

雅は東京勤務だし、俺は毎日仕事でゆっくり物件探しできないからね。
社宅暮らしは雅が苦労するだろうし。昔の俺の母さんのようにね。

「お兄さんだあれ?」

って泰孝が俺に言う。

「泰孝のいとこだよ。」
「ふうん・・・。」
「泰孝、孝博兄さんはね、パイロットなんだよ。」
「え~~~~~僕さ、パイロットになりたいんだよ!どうしたらなれるの?いいないいな・・・。」

叔父さんは目を輝かせている泰孝君の夢を聞いて苦笑していた。もちろん叔父さんは泰孝君を後継者として育てたいんだろうけれど。そのために泰孝君は早稲田実業の小学部に通っている。おばさんは俺に言うんだ。

「無理に政治家にするつもりは無いわ・・・。泰孝が行きたい道に進めば・・・。それは和気さんもわかっている事なの・・・。でも和気さんはね、出来れば跡を継いでほしいって・・・。私としては夢を実現させてやりたいと思うわ。その時はよろしくね・・・。」

そっか・・・理解のある叔父さん叔母さんなんだ・・・。
結婚17年でやっと出来た泰孝君。
かわいくてしょうがないんだ。
雅の21歳年下の弟もそう。
叔父さんは無理に政治家にはさせないって・・・。

 俺は雅の両親に挨拶をして実家に戻った。
爺ちゃんは伊丹空港まで迎えに来てくれて、久しぶりに帰ってきた俺を喜んだ。そういえば社会人になってから、あまり戻っていないんだもの。父さんは中部方面総監部の総監。順調に出世して陸将。休みを取ることが出来なかったんだってね。

俺の荷物は明日届く。実家に着くと、爺ちゃんは俺にお茶まで入れてくれて、父さんの帰りを待つ。

「孝博、自衛官にならなかったのは残念だったけれど、こうして最短で副操縦士になったんだもんな・・・。私は嬉しいよ・・・。雅と結婚して、秋には子供が出来るし・・・。」

嬉しそうな反面、従姉弟と結婚するそして子供まで・・・堅物だった爺ちゃんはきっと嬉しくないはず。本当なら雅じゃなくって、他の女の人というのが理想かもしれない。でも俺は雅じゃないとね。
父さんが帰ってきて和やかな夕飯。
男ばかりだけど久しぶりに楽しい。やはり父さんもなんだか複雑な表情。言いたい事はわかるよ。言いたい事はね・・・。それを父さんは押し殺しているんだもの・・・。一卵性親子のようにそっくりな父さんと俺、心の中もなんだかわかる。きっと俺を自衛官にさせたかった父さん、そして別の女性と結婚させたかっただろう。そして結婚式の日も、母さんと会いたくないだろう。まだまだ言いたい事はたくさんあるんだろうけどな・・・。俺だって複雑な気分だよ・・・。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。