4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神降臨 復活編 第2章 青龍 (7) 返還
 私は九条竜哉の気を感じ、扉を開けると案の定立ち聞きをしている。本当に丁度良かった・・・。彼に渡さなければならない物があったからだ。

それは青い勾玉。これは彼のものだ。
彼の前世、亡き青龍第五皇子龍哉様のもの。
青龍王龍希様に言われた通り返さなければ・・・。それだけじゃない、この勾玉は、帰りたがっているのだ。

 私は史学準備室に彼を招きいれる。きょとんとした表情。しかし彼の顔、そして声はまさしく亡き龍哉様そのものだった。もちろん守護する者、龍磨も驚いていたよ。私は胸元から青の勾玉を取り出し、彼に向けてみる。もし彼が龍哉様の転生した姿であれば、なにかしら変化するであろう。やはり案の定・・・勾玉は眩い青の光を放つのだ。

「朱雀様・・・。やはりこの少年は・・・。」
「ああ、龍哉様の生まれ変わりだ・・・。龍磨。ということはどういうことかわかるか?今朝の魔獣といい・・・今頻発する天変地異、日本海溝あたりの行方不明事件・・・因果関係があるな・・・。」
「もしかして、朱雀様・・・。例の者の復活でしょうか?」

もちろん私は首を縦に振る。不思議そうな顔をして私たちの話しを聞く竜哉様。運よくこの竜哉様が覚醒し、聖天子となれば、この国に起こっている事態はなくなるのであろう・・・。

「あの・・・。僕が何か?りゅうやとかなんとか・・・。僕の名はたつやなんですけど・・・。」

きっと竜哉様は今の段階では理解できないであろう。
とりあえず、龍哉様の勾玉をこの竜哉様にお返ししないといけないのだ。
それが今の段階での私の使命。龍哉様に勾玉を託された私の使命なのだ。

「九条君。ここでの話は公言してはいけないよ。また時がくれば詳しく話します。それとこれを・・・。きっと君を守ってくれます。」

私は青の勾玉を竜哉様の首にかける。
すると勾玉は以前と違い、体の中へ消えて行ったのだ。それと同時に竜哉様の体が光り、青いオーラに包まれる。まさしくこれは青龍のオーラ。この勾玉は竜哉様を青龍に関するものとして認め、一体となったのであろう。

では私は?私の場合、勾玉は胸元にかかったままだ・・・。
ということは別に新しい朱雀に関する者が出現するのか???
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。