4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神降臨 復活編 第6章 朱雀  (3)朱雀の国
 私は休日、祠にこもり考え事を一日中していた。どうすれば紫苑君の心の闇、邪悪な気を取り除き、そして心の奥底の清い心、朱雀の気を引き出すことができるのだろうか。私はふと思い出し、私の生まれ故郷である朱雀国へ行ってみることにした。久しぶりに訪れる朱雀国。まだまだ再建途中ではあるが、父である朱雀王は人間界に住む私を快く迎えてくれた。

「父上、私は人間界で不思議な少年に出会いました。」
「不思議な少年?」

私は父にことの一部始終を話した。すると父は言葉を失ったのだ。それっきり話をしない父は私にあるものを渡したのだ。それはある札。人間界で言う命名札というべきか。そこにはこう書かれている。

『第二皇子 朱央  第二姫皇子 紫苑』

と。
私の妹の名前、それは紫苑というのである。母は黒龍族に捕まった少しの間、ずっと紫苑を抱き『紫苑、紫苑』と声をかけていた。しかしある日紫苑は取り上げられ、そして母は黒龍王に朱雀の力を吸収するために喰われたのだ。母は紫苑が処分されているものと思い込んでいた。もしそれがわが妹、紫苑であれば、どうして黒龍の側にいるというのだ?そしてどうして男の子として育っているのだ?

 母は私が人間界に戻る間際、あるものを手渡す。それは朱雀のしるし。朱雀のものが必ず持っているというあるもの。そのあるものを私は大切に抱き、人間界へ戻ったのである。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。