4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神降臨 復活編 第6章 朱雀  (7)聖水
 最近麻沙耶の体調が思わしくないらしい。毎日僕は麻沙耶を迎えに行くんだけど、母親が出てきて心配そうに言うんだ。

「ごめんなさいね黒田君。麻沙耶ったら今朝も頭が痛いとか言って起きてこないのよ。熱測ってみたら微熱だし・・・。病院へ行くように行っても嫌がるのよ。受験生だというのに・・・だめねえ・・・。このままだとそのまま上の大学かしら・・・。ホントごめんなさい。毎日迎えにきてくれているのに・・・。」
「いえ。」

麻沙耶は僕の自宅へ遊びに来るたびに体調が悪くなっている。どうしてなんだろう・・・。僕は大丈夫なのに・・・。

僕は受験生のための特別授業を終えると家路に着く。もう夕方に近い。でも夏だからまだまだ明るいのだけれど・・・。途中一人になる道があるんだけど、そこに見慣れた人物が立っていた。

「麻沙耶・・・。体調・・・。」

麻沙耶はいつもの微笑で僕に近づいてくる。

「僕、大丈夫だよ。どうしても紫苑君の顔が見たくなって、家を抜け出してきたんだ。」

本当に麻沙耶のかわいい清々しい顔・・・。久しぶりに見たような気がする。

「のど渇いてない?今日ね、おいしい水をこっそり汲んできたんだ。すごくおいしい水。これを飲んだら僕元気になったんだ。最近紫苑君、元気が無いだろ?飲んでみたら?」
「麻沙耶。」

麻沙耶は飲んで飲んでと、僕に薦める。麻沙耶が薦めるものならきっと大丈夫だ・・・。僕は麻沙耶に薦めされるまま、その水を瓶からぐいっと飲み干した。麻沙耶は微笑んで僕を見つめている。

「どう?紫苑君。おいしいでしょ。・・・・・体の中から悪いものが出ていく感じかしら?」

え?声が・・・急に・・・。
ふと麻沙耶のほうを見る。するとさっきまで微笑んでいた麻沙耶が・・・。
誰?この女性は誰?

僕は体中に痛みを感じ崩れ落ちる。すると僕を暖かく包み込むような感覚・・・。こんな感覚ははじめてだ。そして体の痛みがふっと消える。
さっきの女性が僕を抱きしめ涙を流している。どうして泣くの?この女の人は誰?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。