4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神降臨 復活編 第10章 五神降臨 (2)黒龍王魔王変化
 四魔獣のうち三魔獣を倒した。残るはあと一魔獣の黒龍。黒流の棲家である漆黒の森は紫苑が放った朱雀の炎によって燃え上がった。漆黒の闇に燃え上がる森は夜空を真っ赤に染める。

「あ、雨・・・。」

と紫苑が言う。ポツポツと降り始めた雨は次第に雷を伴った豪雨になる。その豪雨は漆黒の森の火を消していく。

ああ強烈な邪気。これは黒龍によるもの。漆黒の森の中心部よりすさまじい邪気が襲い掛かってくる。私たちは身構える。来るぞ!黒龍!!!

「来た!兄さん!」

漆黒のオーラが漆黒の森を覆いつくすと目の前にはとてつもない大きさの赤い眼をした魔物が仁王立ちしている。まさしく魔王変化した黒龍。荒い息と陰の気を放ちながらこちらを睨みつける。

 我ら四神のうち完全覚醒したのは三神。残るは青龍。私は振り返り竜哉様のほうを見る。竜哉様は突然現れた黒龍の姿に驚いているのがわかる。

「龍磨!竜哉様をお守りせよ!今の段階では無理だ!」
「は!」

龍磨は守護龍変化し、竜哉様の前に立ち守りを固める。

『ふふふふ・・・・・・・・。』

不気味な声で笑う黒龍。

『あの時と同様、まだ青龍は覚醒していないのか・・・・。それなら都合がいい・・・。』

まさしくそうだ!まだ竜哉様は覚醒していない。あと一歩だというのに・・・。早く黄龍を降臨させないと!!!!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。