4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (4) 俺の浮気疑惑??
 今日は機材の都合で、伊丹空港へ帰らず、関西国際空港に到着。関空支店で報告書記入を済まし、さあ帰ろうと思ったんだ。JRで帰るか、リムジンバスで伊丹空港へ戻るか。タクシーはちょっとねぇ。結局リムジンバスで帰ることにしたんだ。よく考えると車を伊丹空港に置いて来たんだよねえ。

リムジンバスの時刻表を見ると出たばっかり。ついてないなあって思いながら、時間つぶしに何しようかと考える。どこかでお茶でもしようか、それとも美咲に何かお土産を買おうかなんて悩みながら国際線の到着フロアでうろちょろしてた。すると声を掛けられる。

「た・か・ひ・ろ・君」

こういう言い方をするやつはただ一人・・・ゲ、丹波だ・・・。

「今日は関空だったの?もしかして私を待っていてくれたの?そうだったら嬉しいな・・・。」

なんていって俺の腕を掴む。おい、お前の会社のCAが見てるだろうが・・・。先輩に冷やかされたこいつはこういうことを言いやがった。

「私の彼氏です!かっこいいでしょ~。副操縦士なの~~~~~。」
「おい!俺はけ、結婚を・・・。」
「いいじゃん。私不倫でも構わないもん。だって私・・・。」

そういって嘘か真か知らないけど泣きやがる。泣くなよ・・・誤解される。俺はどうして女の涙に弱いんだろう・・・。丹波由佳をやんわり抱いてたんだよね。時計を見るとやばい!!!バスの時間・・・。

「ごめん、俺帰る。」

そういって俺は丹波由佳を離し急いでリムジンバスに乗る。あ、美咲に何か買って来ようと思ってたのになあ。最近やっと抱かせてくれるようになったんだもん。伊丹空港で買うか。

 俺は伊丹空港支店のロッカーに制服をかけると、展望フロアにあるお店で美咲のおもちゃを買って自宅に着く。

「ただいま~~~~。」

すると爺ちゃんが美咲を抱いて出てくる。

「あれ?雅は?」
「買い物行ったけど・・・。」
「そ、美咲~~~おもちゃ買って来たぞ、後でパパと遊ぼう。」

でも雅が美咲を置いて買い物に行くって珍しいよな。いつも近所のスーパーに行くんだったら美咲をベビーカーに乗せていくのに。

俺は着替えたあと、リビングで買ってきたおもちゃを出して美咲と遊んだんだ。引っ張って歩くと鳴く犬のおもちゃ。美咲は座っておもちゃを前後に動かして喜んでいる。気に入ってくれたんだ。時間を見ると6時か。どこまで買い物に行ってんだろ。

しょうがないから俺がありあわせのもので夕飯を作ることにしたんだ。8時になっても帰ってこないもんだから俺は電話をした。

「雅か?今どこにいる?」
「私・・・。今梅田なの・・・。もうすぐ帰るね・・・。ごめんね・・・。」

なんか声がおかしいんだよね・・・。9時になってやっと帰ってきた雅。両手いっぱいに何か買い込んで・・・。

「雅、こういうこと初めてだよね・・・。美咲置いて買い物だなんて・・・。」
「ごめんなさい・・・。すぐ帰るつもりだったんだけど・・・。でも・・・これ見て・・・・。」

そういうと俺に携帯の画面を見る。なななんとこれって・・・関空で・・・。

「なにこれ?ねぇ孝博。私の高校の親友、舞ちゃんが送ってくれた写メ。これ孝博だよね・・・。このCA誰?それも他社だよね・・・。」

これって丹波由佳が泣いたから・・・ついやんわりと・・・・。他社の到着フロアだからって油断してた・・・。

「私むしゃくしゃして買い物でストレス発散したわけ!ねぇ何これ、ねぇ・・・。」
「こ、これは丹波由佳だよ・・・・。俺見て泣いたからついやさしくしてしまったんだ・・・。」
「うそ!このCA彼氏だって断言したって・・・。」
「あれは勝手にあいつが言ったんだよ!知ってるだろあいつの性格。」
「孝博は未だにモテモテだもんね・・・。いいよ別に・・・私は美咲がいるから・・・。好きにしたらいいよ!最近の孝博、家にいてもつまんなそうだもんね・・・。」
「雅!」

そういうと雅は部屋に美咲と入ってしまったんだよね・・・。じいちゃんったら2人のやり取りを見て呆れてたよ・・・。

ホントに最近すれ違いが多いな・・・。
やっぱり雅は今の生活に不満があるんだろうなきっと・・・。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。