4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (22)浮気現場を・・・
 今日は休みのはずだったんだけど、急遽昼過ぎの便に乗ることになった。そしてあっちに1泊して明日の始発で帰ってくる。アーア、今日は孝博が帰ってくる日なのにな・・・。もう孝博の飛行機は着いているはずで、何度も携帯を鳴らしているんだけど留守電・・・。しょうがないからメールを入れておいたのよね・・・。

時間帯的にはそろそろ運行乗務員部に戻ってくるはず・・・。そして遠目で孝博を発見!もう帰るのかな・・・。でも帰る方向と違うんだよね・・・。どこ行くの?って感じで・・・。階段を上って行く孝博・・・。私はそっと孝博を追いかけてみた。

すると屋上・・・。屋上に何か用事?それとも飛行機を眺めるの?そっと私は屋上入り口の窓から覗いてみる。すると孝博の歩く先には事務員の制服を着た女の子・・・。すると孝博はその子を抱きしめた後、あごに手を添えてその子にキス・・・。それもディープ!え!孝博の浮気現場????どういうことよ!

私はバ~~ン!って扉を開けてズカズカと二人の前へ・・・。

「み、雅・・・。」

孝博の焦った顔といったら・・・。

「何してるのこんなところで!!!誰?この女!」
「雅、何でここにいるんだよ・・・。」
「孝博!先私の質問に答えて!誰?この女は?」
「と、友達だよ・・・。」
「友達?友達とキスするって?それもあんなに・・・。」

私はその事務員の女の子の頬をたたく。

「あなたね、私の旦那様を盗って!いい気なものね。いつから?ねぇ、いつからこんなことしてたわけ?」

その女の子は急に泣き出して走り去った。孝博は相変わらずそ知らぬ顔で私と目をあわそうとしない。

「もういい!私、フライトの時間が迫っているから、明日フライトから帰ったらじっくりこの件に関して話しましょう!」

そういうと、私は急いで乗務員部に戻り、フライトの打ち合わせに入ったの。
最悪。
明日は私の誕生日だって言うのに・・・。
どんな言い訳をするんだろうね・・・。

孝博の馬鹿!!!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。