4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (23)自己嫌悪?自業自得?
 あ~~あ。運悪く浮気現場を押さえられてしまった・・・。雅は今日休みだと思って油断していたよ・・・。まあしょうがない。事務員の優佳ちゃんとは丁度別れようと思っていたところだから、別れようとさっきメールを入れ、携帯アドレスを消去。そして着信拒否登録。

あぁ俺としたことが、雅にバレるなんてな・・・。とりあえず、俺の隠れ家によってから、広尾の自宅に帰ることにしたんだ・・・。すると、部屋に他社のCA、さくらちゃんが待っていたんだ。

「お帰り・・・。」

さくらだけ、この部屋の合鍵を持っている。

「来るときは電話しろって言っただろ・・・。突然現れんなよ・・・。」
「孝博さん、ごめんなさい・・・。急に会いたくなって・・・。」

そういうとさくらは俺に甘えてくる。

「悪い、そういう気にはなれないんだ・・・。妻に浮気がばれた。まあ君のことじゃないけどな・・・。もしかしたら君とも別れないといけないかもしれない・・・。」

彼女はしょんぼりして首を縦に・・・。
だって俺と付き合いたいならといろいろ条件を付けてたわけで・・・。俺が別れようと言えば有無を言わさず別れることが条件の一つ。俺が既婚とわかってて付き合って欲しいって言ったんだから、それくらいのリスクがあって当然だろ?なんて。

「今日くらいは私のこと愛してよ・・・。」

って彼女が言うもんだから、しょうがない、彼女を一度だけ愛してやった。
ホント俺ってつくづく嫌な男だと思うよ・・・。

この4ヶ月間自分の好き勝手な行動・・・。
あぁ自己嫌悪・・・。
どう雅に誤ろうかと・・・。

シャワーを浴び、着替えをするさくらを見ながら、溜め息・・・。
そしてさくらは俺の唇にキスして言う。

「孝博さん、この2ヶ月、楽しかったよ。いい思い出ありがとう・・・。」

って言って涙ぐみながら部屋を出て行ったんだ・・・。
きちんと合鍵も残して・・・。

いい思い出って・・・。
俺ってひどいことしていると思うんだけどな・・・。
俺はタバコに火をつけて、考え込む。

帰りたくないな・・・。
でも帰らないと・・・。
美咲を迎えに行かないとな・・・。
自業自得かぁ?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。