4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (29)想定外
 雅のお父さんが所属している党の総裁が決める総裁選まであと半月という時のこと。もちろんお父さんの派閥には適任がいないので、お父さんが2度目の総裁候補になった。まあこれは別にいい話なんだけど・・・。

いつものように雅と俺の休みが重なった週末は弐條家へ行って夕飯をご馳走になるんだよね。食事を終えたあと、必ずと言っていいほど、お茶の時間がある。その時間でいろいろ話をするんだ。

「ねぇ、孝博。明日は予定ないよね?フライト明後日からだよね・・・。」
「何?フライトは火曜日からだけど?」
「じゃあいいよね。」
「何が?」
「あのね、何度もクルーで一緒になったことがあると思うんだけど、私の後輩の遥がね、退職するんだ。それで、明日の夜、皆で送別会するんだけど、孝博も行くかなって思って・・・。」

遥か・・・。
そうあいつは俺の元愛人で・・・。
3ヶ月ほど前まで一緒にいた時期があった・・・。
寿退社かな・・・。

するとお父さんが言うんだ。

「遥さんといえば、遠藤君の娘さんだよね・・・?」
「うん。今度パパと総裁選を戦う代議士さんよね。遥のパパってそうだよ。」
「そういえば遠藤君はいろいろ娘さんのことで悩んでいたよ。ここだけの話なんだが、確か・・・一時期妻子ある男性と付き合っていてねえ。一応代議士の娘だからって何度も別れさせようとしたらしいんだが・・・ついに別れたと思ったら、今度はその男の子を妊娠したって言ってたぞ。いろいろ相談を受けてねぇ。おろすおろさないでまたいろいろあって、結局認知がないまま育てることにしたらしいよ。」

え?
遥が妊娠???ってことは・・・もしかして?

雅はなんとなく遥の退職理由を知っていたらしいんだけど、相手までは知らないって言うんだ。
結局育てることを許したわけが、おなかの子が多分男の子だということらしいんだよね。

そういえば遥は三姉妹の長女で・・・。
娘かわいさ、そして後継者欲しさに折れたってことかな?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。