4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (40)外遊出発!
 やっとのことで準備が整い、政府チャーター便が飛び立つ羽田空港へ向かう。美咲は雅のお父さんの秘書官をしている義弟、彬が迎えにきてくれた。俺と雅は美咲にバイバイをしてタクシーで空港へ・・・。

予定通りに空港について、羽田空港支店の会議室に召集。ブリーディングを兼ねた最終打ち合わせが、政府関係者、航空会社、航空自衛隊関係者とともに行われた。

今日はまず韓国ソウルへ飛ぶ。俺ははじめての空港だ・・・。俺の場合は欧州中心の空路だからね・・・。打ち合わせが終了すると俺と機長、そして補助の自衛隊員とともに機体の安全確認。いつも以上に確認に時間を費やす。クルーたちも準備で忙しい。B747の2階席はクルーの控え室兼、打ち合わせ室。もちろん最終確認もしている。出発時間が着々と近づき、緊張もピークに・・・・。普通の搭乗口を使わない。保安上のため、普段はあまり使わない駐機場の位置に3機のB747。

「さあ、お出ましだよ・・・。」

って機長。機長のほうからは総理大臣が乗っている黒の車が見えるらしい・・・。

「さあ、弐條君、気合入れていきましょう!」
「はい!」

政府関係者、マスコミがずらっと並んで総理大臣を見送る。そして予定時刻になると総理大臣が乗り込み、無線で出発準備が整ったことが知らされる。どの順番に飛ぶかは極秘情報・・・。まずは予備機が飛び立っていった。次は副機、そして最後に俺が乗務している正機が飛び立つ。ソウルまでは2時間。

はぁ・・・。
長い長い仕事の始まりだ。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。