4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (49)情報源
 「知らないかなあ・・・僕は雅さんたちが勤めている会社の個人筆頭株主なんだよ・・・。雅さんがそこに就職してからずっと少しずつ株を買い進めて、今は35%持っている。」
「だから何よ・・・。」
「僕の息がかかっている者がさ、旦那の情報を仕入れてきたわけ。知ってる?労組でそういうプライベートなことを扱っている部署があるの・・・。そこで調べさせた・・・。その情報を元にさ、色々調べたら、でてきたんだよねえ・・・すごいことが・・・。」
「すごいこと?」
「この先は教えない。この封筒に詳しいことと写真が入ってるよ。」
「じゃあ、それ渡しなさいよ!」
「ただじゃ渡さない。」
「じゃ!いくらよ!」
「お金は要らないよ・・・。お金には不自由していない。ひとつお金では手に入らないものがあるんだ・・・それが欲しい。」
「何よそれ・・・。」
「それは君。雅さん。僕はずっと雅さんが好きだったんだもんね。でもいくら経っても振り向いてくれないしさ。」




私はじゃあいいわよって言って部屋を出ようとしたの。




「ホントにいいの?じゃ、春の人事異動楽しみにしていてよね。まあ、君のために、これは封印しておくけど・・・。気が変わったら言ってよね・・・。ホントびっくりする内容だから。離婚を考えてしまうかもね。」




人事異動???誰の?私?それとも孝博???離婚を考えてしまうほどの内容って?何よそれ!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。