4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (55)破格な条件
「悪い、遥・・・。今日は予定があるんだ・・・。早めに帰ってよ。」
「予定?」
「芦屋のお爺様のところと、和気叔父さんの知事公邸へ行く約束なんだ・・・。もうそろそろ行かないと・・・。」
「うん・・・わかった・・・。」

俺は財布から帰りの飛行機代を渡す。

「これ、帰りの足代な・・・。もう勝手に来ないで欲しいんだ。」
「え?そ、そうよね・・・。孝博さんはもう先輩のおうちの人だし・・・次期当主だって聞いたわ・・・。私がいたら邪魔だもんね・・・。」
「ホントに悪い・・・。」

遥は足代を受け取らなかったけど、最後にキスをして別れた。

 俺はスーツに着替えて、車に乗り、芦屋六麓荘へ向かう。もちろんこれは籐華会の打ち合わせなんだけど。今年の籐華会は東京で行うことにしたんだ。当主である雅のお父さんは東京だし、首相だから勝手に東京を離れられない。ということで、東京の超高級ホテルの宴会場を押さえてある。彬に悪いけど、俺が打ち合わせにいけないから、代わりに打ち合わせをしてくれている。お爺様はそのことに関して仕事だからしょうがないと言っておられた。

「まあ、こっちに転勤したばかりだからしょうがないな・・・。5年後、10年後に期待しよう。で、仕事のほうは忙しいかね?最近国際線から国内線に移ってきたそうだけど?」
「はい・・・期間限定という条件ですけど・・・。いずれもとの国際線勤務に・・・。」
「んん・・ある筋から聞いたんだけど・・・。君、東京には戻れないらしいね・・・。」
「え?」
「国際線に戻すと言っても、関空支店らしいよ・・・。ああ、雅がかわいそうだ・・・。」

どういうこと???東京に戻れないって???俺なんか汚点があったかな・・・。もしかして俺の私生活がばれたのか?

「そこでだ・・・。」

そういうと、お爺様はある男を紹介する。

「この人はねぇ、敵対航空会社の運行関係の人なんだが、孝博君、どうしても君を引き抜きたいと言ってこうして東京からわざわざ・・・。」

その男は俺に名刺を渡す。本当に会社の敵対会社オペレーション関係の人・・・。それも取締クラス・・・。

「君は知らないだろうけど、私はここの会社の個人筆頭株主だ。いずれここの株を君の名義に変えるつもりなんだが、私の孫娘の相手が君と聞いて、泣きついてきたんだよ。」

そういえばここは昔から強烈なアプローチをしてきたここの会社。年を越してさらにね。一応話だけでもと思ったんだ。

 俺の評価はすごいらしい。

訓練生時代の訓練機胴体着陸といい、日ごろの勤務成績、資格、操縦技術。そして年末の臨時政府専用本機担当のこと・・・。この若さでB777とB747のライセンスを持っている。

条件面は今の年収1000万から1500万になる事、さらに色々手当てが付くこと。がんばれば年収2000万も夢じゃないと・・・。勤務は成田。路線は欧米路線。そしてたまに豪州まで。担当はB747中心。あと・・・雅もこっちにどうぞという・・・。雅まで引き抜きたいと言ってきた。もちろん雅のCA評価はうちの会社イチだし、リストラが激しいうちでいまだ引き止めているのは確か・・・。

ああすごく条件がいい。よすぎる。希望によっては成田に借り上げ社宅を用意するって・・・。そりゃそれなりのグレードのやつを・・・。あと最後の一言・・・。将来の最高クラスの昇進の約束・・・。ちょっと言いすぎじゃないかなと思ったけど・・・。

「孝博君、いい条件じゃないか?このまま関西に埋もれるよりも、こっちに移ったほうがいいんじゃないか?」
「それはそうですね・・・。でも雅にも相談しないと・・・。あと今おっしゃられた事・・・信じていいのでしょうか?私は一度そちらの会社を受けて、お断りしたんですよ・・・。誓約書か何か書いてください。条件が破格過ぎて、このままでは信じがたいのです。」
「わかりました・・・。いい返事をお待ちしております。」

担当者は俺の反応が良かったからか、ニコニコ顔で邸を出て行ったんだ。もちろん即お爺様は雅に電話・・・。ちょうどフライト前だった雅は困惑した声で話だけ聞いてたみたいだ。

どうする俺、どうする???

一応和気叔父さんにも相談してみよう・・・。
弁護士の資格持っているし・・・何かあった時に頼りになりそうだ・・・。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。