4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途  (59)休暇中に
 昨日いろいろズボンとか探してもなかった結婚指輪・・・。きっとどこかで落としたのかもしれない。結婚指輪の裏にはきちんと結婚記念日と、雅から孝博へと刻印されてある。そして恥ずかしいけど、雅が俺に一言。「私の永遠の王子様」と、英語で・・・。拾った人はきっと・・・ああ恥ずかしい・・・。

 俺はいつも乗務する1502便に乗り込んで羽田へ向かう。変な感じ。いつものクルーが迎えてくれるんだもんな。スーパーシートしか空席はなくてそこへ座る。雅にはきちんと8時半に着くよって伝えておいた。雅は今週、新シーズンプログラムの研修のため東京の訓練センターに通うという。でも今日は休み。

 このスーパーシートではお茶菓子と飲み物が出る。ちょっと昨日の酒が残っていて、二日酔い気味。CAが入れてくれたコーヒーで目を覚まそうと思った。おかわりもした。お茶菓子は美咲の大好きなクッキーだったから、お持ち帰り。

「あれ?弐條さん、食べないんですか?」

って、担当のCAがこっそり言う。

「娘が好きなお菓子だから・・・お土産にね・・・。」

って言うとじゃあどうぞって10枚ほどくれた。ただ乗りしているのにねぇ・・・。悪いことしちゃったかな・・・。

無事に定刻どおりに羽田に着く。クルーたちと挨拶を交わして搭乗口を出る。あれ?雅。何でこんなところで。雅は搭乗口前で俺を待ち構えていた。きっと社員証で入れてもらったんだろう。首には社員IDがかけられている。

「お帰り、孝博。」
「ただいま。雅これ。」

と言って俺は雅のちょっぴり遅い誕生日プレゼントを・・・。休みの日に悩み悩んで選んだもの。中身は秘密。

 本当の休暇理由はある。明日から2日間、例の航空会社の入社試験がある。シュミレーターと、実技試験。まあ形だけらしいけどね・・・。結局雅はそのままの会社にいることに決めたらしいよ・・・。

 雅は微笑みながら駐車場まで行き、雅の運転する車で一路自宅へ戻った。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。