4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (64)一斉退職
 研修中の雅とお台場で待ち合わせして、適当なペアリングをチョイス。まあ以前のものに比べたらいいものじゃないけど、二人で同じデザインのものを選んだ。そして雅と別れ、俺は北田さんと待ち合わせの六本木ヒルズの焼肉屋。ここは個室がある。なんと引き抜かれ組勢ぞろい。北田さんがみなに辞表を書こうと誘ったみたいだ。

注文前、みんなで一斉に辞表を書き出す。きっと店員の人は変な輩だと思っただろうね。話し合って内容を確認。話を聞くと結局みんな6月1日付採用となったみたいだ。

「やめるなら一斉にやめようってことになってね、みんなで担当者に願い出たんだよ。もちろん快く受け入れてくれたんだよね。弐條は返事出したか?」
「いえ・・・。北田さんの意見を聞いてからと思いまして・・・。」
「じゃあ今すぐ担当者に電話入れておけよ。結構心配してたからね。辞めますって言われたらどうしようって・・・。」

早速夕方だけど、担当者の携帯に電話を入れておいた。あっちはもう大喜び。取締役に報告しておくとのこと・・・。次はいつ出しに行く?って話を、焼肉をつつきながら話したんだ。

「やはりさ、もう半月後のことなんだし、明日にでも出しに行こう。弐條もいるから、本社へ行こう。みんなで。」

もちろんそれに決まり・・・。きっと本社は大騒ぎだろう。まるでクーデターのようだ。明日10時に本社前集合となった。


 本社は品川区東品川にある。みんなピシッとしたスーツに身を包んで時間通りに集合。受付に行き、担当部署にアポをとる。すると受付嬢にある会議室に行くように言われ、みんなで向かう。一番の年長、北田さんがリーダーシップを取ってくれるという。すると現れる本社運行乗務員関係の部長。何事かという顔つき・・・。主力メンバーが揃っての本社訪問なんだから・・・・。

「君達、どうしたのですか?」
「私、北田をはじめ、光岡、武本、結城、松井、弐條、計6名の辞表を提出に参りました。」
「じ、辞表???ちょっと待て。君たち主力メンバーに辞められては困る。ちょっと待ってくれ。取締役、人事部長たちを呼んでくるから・・・。」

結構焦っているのを見て俺たちは笑いをこらえる。
少したつと、代表取締役社長をはじめ、本社にいるだけの取締役がずらっと並ぶ。そして社長が言う。

「何があった?こんなに優秀な面々が揃って退職希望とは・・・。」

俺たちは順番に社長に辞表を提出する。

「急で申し訳ありませんが、今月末を持って我々は退職いたします。長い間お世話になりました。」
「ちょっと待て、君たちに辞められては困る!君たちには固定客というものが相当いるんだ。この後どうするつもりだ。」
「もう次の採用が決定しております。みな希望通りの条件で・・・。6月1日付の入社が決定しました。」
「何が不満だ?」
「今まで我々はこの会社に貢献してまいりました。しかしそれだけに見合ったものをいただいておりません。特に弐條の場合はひどい。国際線から国内線へ急な異動、そしてこの後は不明と言うこと・・・。ある筋からの情報では、このままずっと大阪勤務とか・・・。まだまだ色々不満はございますが、退職をさせていただきます。」

もちろんこの後条件面での改善とか色々話あったんだけど、折り合いがつかないし、俺たちの意志が強かったから、なんとかみなの退職が決定。最後に社長の質問。


「みんなはこの後どこに行くんだね・・・。」

みんな揃っていう。
日本でもうひとつの大手航空会社ですよってね・・・。
ああ引き抜かれた!!!!って嘆く社長に、常務や専務取締役は運行乗務員部、オペレーション部、や人事部部長を怒鳴りつける。取締役はみな頭をかかえていたんだよね・・・。

もちろんみな退職金が出る。もちろん俺も少なからず出るんだよね・・・。さあ新天地でがんばりますか。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。