4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第48章 期間の終わり
 年が明け、姫は産み月に入った。もちろん年明けの忙しい頃にもかかわらず、中将は休みを取り、姫に付き添った。一緒に居る事が出来る期間はあと長くても三ケ月。十分思い出を作ろうと中将は帝に無理を言って休みを頂いた。(もちろん綾子姫のことは内緒だが・・・)

出産も近づいているようで、度々陣痛らしきものがある。姫自身は三度目の出産であり、世間には公表できない出産であるので、姫の母宮の一部の女房が手伝いに来ただけで、最低限度の人でしか用意しなかった。中将は生まれて来る我が子の為に最大限の準備をした。乳母も厳選に厳選をして、生まれてくる子にふさわしい者を選んだ。準備が整ったとたん、陣痛が始まったようで、中将は祖母宮の元で吉報を待つことにした。やはり三度目だからか、朝陣痛が始まって、もう昼過ぎには無事生まれた。

「中将様!お生まれでございます。元気な姫様ですよ。お母様もお元気ですわ!」

そういうと高瀬が生まれたばかりの姫君を抱いてやってきた。中将は怖々姫君を受取ると、かわいらしい顔を眺めてしみじみと涙した。姫君は中将と姫によく似たかわいらしい顔をしていた。中将は姫君を祖母宮や姫の母宮に見せる。

「まあ!かわいらしい姫君ですこと・・・。ここの家系で久しぶりの姫・・・。かわいらしいわ。生きていて良かった・・・。ずっとこちらで育てなさいね。」
「本当に綾子と中将殿の良いところばかり・・・きっと末は良い公達と結婚して・・・。」

中将は乳母を呼び、小さな姫を預ける。

「高瀬、もうあちらに行ってもいいのかな・・・。」
「もうよろしいかと思いますが・・・。」

そういうと中将は姫の部屋に向かった。高瀬は中を伺って片付いている事を確認して姫のいる寝所に案内する。中将は姫の側に座ると、姫の手を取りいう。

「姫。ありがとう・・・。疲れたでしょう・・・。ゆっくり休んでください。小さな姫の名前は何にしますか?よろしければあなたの名も絵を一字頂きたいのですが・・・・。」

姫はうなずき中将に微笑む。中将は少し考えて姫に言う。

「綾乃はどうだろう・・・。」
「とてもかわいらしい名前ね。私があるべきところに戻ったら、綾乃のこと頼みますね。」
「わかっています。私の命に代えても綾乃を育てましょう。そしてあなたの前に出しても恥ずかしくないような姫に・・・。さあ、安心して眠ってください。」

すると中将は姫の額に口づけをして部屋を出て行った。姫は眠りについた。中将は祖母宮の部屋に戻ると、これからの綾乃姫と姫について話し出す。名前のこと、これからは別邸で育てること、姫の母君のこれからのことなどを話し合った。

 姫は回復が早く、半月経つともう普段どおりの生活が出来るようになった。姫もあと二か月で綾乃と別れるのでいつも一緒に過ごしている。すると中将が何かを持って内裏から帰って来た。そして姫と綾乃姫の前に置いた。

「これは帝から綾乃に賜ったのです。以前つい年明けに子供が生まれると言ってしまったのですが、それを覚えておられたらしく、生まれたかと聞かれたのです。そして姫を授かったと申し上げるとこれをその姫へと・・・。その場にいた公達たちにからかわれてしまった・・・。末は東宮妃などと・・・。もちろんそれは無理な話だけど・・・。高瀬、姫の代わりに礼状を代筆してくれないか・・・。姫の字ではいけないのでね。」
「はい畏まりました。」

そういうと高瀬は姫の代わりに礼状を書き、中将に見せる。

中将は帝に頂いた包みを開くとそこには綺麗な反物がたくさん入っていた。姫はこの反物を手に取り、言った。

「残りの日にちでこれを使って綾乃のお衣装を作りましょう。まだまだ先のことですが、もし女童として殿上しないといけない時などがあったときの事を考えて・・・。帝から賜った反物ですもの・・・。晴れのお衣装にしなければ・・・。」
「そうですね。きっと綾乃が着る頃、母が作ったといえば喜ぶかもしれません。あまり無理しないでください。」
「はい!」

そういうとどの反物で何を作ろうか高瀬たちと相談しだした。楽しそうな姫の顔を見て、中将はこれがずっと続けばいいと思いつつも、絶対ありえないこととして諦める。

 別れの日まで後わずかとなった日、やっと綾乃姫のための衣装が仕上がった。ちょうど上巳(ひな祭り)なので、このお衣装と共に、人形や色々なものを並べ、中将の母君を招待して身内だけの姫のお披露目をした。中将の母君は綾乃姫の誕生により大変喜ばれて、二人の仲をお許しになっていた。そして綾乃姫のために作った晴れのお衣装を見て大変気に入られ、姫を大変お褒めになる。

「母君、これは帝から綾乃に賜った反物で姫が作ったのですよ。いつか綾乃が使うだろうと・・・。」
「まあ触ってもいいかしら。お上手なのね。せっかく帝から賜った反物ですもの、このようなものに仕上げなければ・・・。これを着て綾乃姫が御年五歳の東宮様に入内してくれたら申し分ないのでしょうけど・・・。将直、綾乃姫のためにもっと官位を上げなければいけませんよ。」
「はい・・・しかし私は綾乃を宮中には上げる気は・・・。」
「何を言われるの?女の幸せなのですよ・・・。」

(後宮に上がっても窮屈なだけなのだけどなあ・・・・。)

と姫は思った。綾乃姫は日に日に表情が出てくるようになり、中将や祖母宮、母君は大変可愛がる。それを見て姫は悲しそうな表情で見つめる。

(あんなに仲の悪いおばあ様とお母様が綾乃のおかげで仲良くされているのですね。これなら安心して綾乃をお預けできるわ・・・。きっと私がいなくなったらお母様は驚かれるのでしょうね。中将様はどのように説明されるのかしら?)

姫は庭にある桜を見つめてため息をつく。つぼみは膨んできている。桜が満開になる頃、後宮の桜の木での約束を守らなければならない。出来ることならこのままの時間が止まればいいと思った。

「月姫、母上がお帰りになられるよ。車までお送りしましょう。」
「はい・・・。」
「いいのよ、ここで。綾乃姫のもとにいて差し上げて。また本邸に綾乃姫を連れて遊びにいらしてね。将直は一緒に車まで来なさいよ!」

中将は困った様子で姫に合図をして車まで送っていった。すると祖母宮が近くに寄ってきて声をかける。

「綾姫、こちらにはいつまで?」
「十日の夜に隣の別邸に入ります。その後はまだ日程が決まっておりません。多分、中将様を通して知らされると思うのですが・・・。本当に長い間お世話になりました。おかげさまで楽しい日々を過ごすことができ大変感謝しております。この先も綾乃がお世話になります。」
「私も大変楽しい日々でしたわ。本当に娘ができたようで・・・・。綾乃姫のことは気になさらず、あるべきところにお戻りを・・・。きっと待ち人は帰られるのを心待ちにされていると思いますわ。待ち人があの方ではなければ、お引止めするのですが・・・。」

宮は寂しそうな顔をされる。姫は気を使って何も話せなくなった。

 いよいよ、中将の別邸を去る日の夜がやってきた。中将はここを出る直前になって姫の手を引き、ここの邸で一番早く咲き、一部咲になっている桜の木の下に連れてくる。

「この桜は私のお気に入りなのです。ちょうどこの桜があなたと出会った桜によく似ていて、あなたを見つけたときは驚きました。もう出会って一年なのですね・・・。早いものです・・・いろいろあった一年でした。そして決して悔いのない一年でした。期間限定ではありましたが、あなたのような妻がおり、そして可愛い綾乃が生まれた。最後に一度だけ、この木の下であの時のように・・・。」

中将はそういうと姫を抱きしめてキスをした。そのあともなかなか姫を放さずに抱きしめたまま涙を流す。

「帝のものではなければこのまま駆け落ちしてでも一緒になるのですが、それもかなわず、戻られても以前のように会うことも出来ません。遠目であなたを見つめることしか・・・。もしかしたらもう一度あなたに会えるかもしれませんが、その時は帝の使者として会わなければなりません。良い想い出と可愛い綾乃をくださり、とても感謝しております。さあお戻りください。来世では必ず一緒になりましょう。」

そういうと姫を車まで連れて行き、迎えに来ていた萩に姫を渡した。見送るのが辛いのか、中将は後ろを向き戻っていく。

「頭中将様!」
そういうと姫は萩を振り切って走り出し、中将に飛びついた。そして中将の頬に口づけをすると萩のもとに戻っていった。

(幸せをありがとう、頭中将様・・・綾は、綾子は大変感謝しています。来世はきっと一緒になりましょう・・・。)

そう心の中で思いながら、姫は車に乗り込んだ。

「萩、ありがとね。あなたにも迷惑をかけてしまったわね・・・。」

萩は姫の予想外の言葉にはっとして言った。

「綾姫様は一段と大人になられましたね。萩はうれしいですわ。帝もきっとお喜びになりますわ。一段とお綺麗になられましたもの・・・。さあ明日、都より東宮様と姫宮様が面会にこられますわ。都から御使者が来られるまで、ゆっくりどうぞ・・・。」

姫は萩の心配りに大変感謝する。

「本当にありがとうね萩。雅孝や孝子に会えるのですもの・・・きっと二人は寂しかったでしょう。存分に遊んであげるわ。ありがとう・・・。」

萩は素直になった姫の言葉に感動をし、姫に部屋を案内した。



《作者からの一言》

来世では一緒になれるといいですね^^ひとまず頭中将と綾子姫はここでお別れです。まぁ頭中将は蔵人頭も兼任している近衛中将ですので、帝の側近なのであり、ちょくちょく遠目ではありますが見ることはできるでしょう。さて次は後宮に戻る日がやってきますよ^^
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。