4年生、2年生のねえねと、幼稚園児の双子っちのいるママです。アメブロで発表している小説の倉庫として使っています。お好みの物があるかわかりませんが、覗いてくださいね^^ ご感想お待ちしております!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途 (80)滞在先にて
 何とか行きのフライトが終了した。ホテルのつくとさすがにどっと疲れが来ておなかが張る。私は張り止めを飲み横になる。そしてそのまま眠ってしまったの。夕飯も食べずによ。起きたのは昼だった。孝博のからの電話で目覚めた。孝博はパリ。私はロンドン。近いようで遠い。




「おはよう孝博・・・。何?」
「雅、今どこにいると思う?」
「パリでしょ?」
「違うんだな・・・。」
「どこよ・・・。」
「俺の目の前には大きな公園。なんて言ったかなあ・・・ハイドパーク?パリにこういう名前の公園あったかな?」




え?ハイドパークって言ったら今滞在中のホテルの目の前じゃない。何で?ってことになって孝博が部屋番号を聞いてきたから教えたの。すると30分ほどして現れた孝博。手にはフライトケースとスーツケースを持って現れる。




「どうしてここにいるの?帰りもパリ発でしょ?」
「ん?そのはずだったんだけど、運行乗務員の変更があってね、北田さんと共にロンドン発成田行きに変更になった。チャーター機なんだよねこれって・・・。だから来てしまったよ。泊まってもいいかなあ?ロンドンの部屋は北田さんと同室だったからねえ・・・。」




ちょっと待ってよ。まあいいけどね・・・。でも今夜クルーのみんなと会食があるんだけどな・・・・。最後のね・・・。孝博ったら俺も出てもいいか?って聞くのよ。もちろんクルーのみんなは知っているメンバーだけど・・・・。もちろん機長も含めて・・・。副操縦士は孝博と同期だし・・・・。もちろん電話をするとみんな喜んでおいでってことになった。会社では裏切り者って言われた孝博をね・・・。でもクルーのみんなはいい人たちばかりだもん・・・。




 そして夜。おしゃれして孝博と私はいつも行くレストランへ。




「お久しぶりです!宮元キャプテン!」
「おお!弐條!!!どうだ?そっちの会社は。うまくいってるか?」
「ええ。今北田キャプテンとずっと組んでいるんです。」
「ああ、あの北田君と?それはいい。」




訓練生以外は皆顔なじみ。キャプテンが孝博の紹介を。




「CA訓練生は知らないと思うが、弐條孝博君。元うちの優秀な副操縦士だ。今は競合会社の副操縦士だよ。まあいう引き抜かれてあっちへ行ってしまったがね。」




孝博は頭を下げて挨拶。みんな昔の話をしながら会食。もちろん私たち夫婦のお惚気まで出ちゃったりなんかして・・・。ホント楽しい送別会だったのよね。
孝博はこの晩私の部屋に泊まって、次の朝、制服に着替えてタクシーで集合場所に向かっていったの。さあ!ほんとに最後のフライト!がんばらないとね!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © ねぇね2人と双子っちのママのお部屋。別館. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。